トレノケートとキカガク、Microsoft認定試験「AI-100」対策オンライン講座を開講

AIのビジネス導入が本格化している2020年は、様々な業界がAIを活用し既存のビジネスを改革することで、新たなビジネスのアウトカムを生み出そうとしている。

しかし、これを実現するにはクラウドサービス内の技術選定やシステム構成の決定の知識を有するエンジニアのみならずビジネスとエンジニアの橋渡しをできる人材が不可欠。

マイクロソフトはこのような人材であることを証明する資格試験「AI-100 Designing and Implementing an Azure AI Solution」を公式に立ち上げている。

この試験を合格することで認定資格「Microsoft Certified Azure AI Engineer Associate」が付与される。

試験内容が多岐に渡るAI-100では、試験対策講座の開講が切望されていた。

今回、日本マイクロソフト、トレノケート、キカガクの3社が協力し、AI-100試験対策講座を日本で初めて開始することを発表した。

新型コロナウィルス問題を考慮し、今後提供するAI-100試験対策コースは集合研修からオンライン研修に切り替えている。これから益々需要の高まるAIエンジニアの人材育成を支援していく。

*AI-100の資格試験の対策には、マイクロソフトが提供する無料オンライン学習プラットフォームであるMicrosoft Learnを活用して学習を進めることができる。開講しているコースとMicrosoft Learnの自習を組み合わせることにより、より効率的に学習することができる設計となっている。

日本マイクロソフト株式会社執行役員チーフラーニングオフィサープロフェッショナルスキル開発本部長 伊藤かつら氏のコメント

日本マイクロソフトは、Microsoft AzureをベースとしたビジネスへのAI活用講座の提供を心より歓迎いたします。

マイクロソフト認定ラーニングパートナーとして豊富な実績のあるトレノケート様と機械学習及びそのトレーニングに知見のあるキカガク様が共同開発した資格試験対策コースが一般に提供されることで、多くのエンジニアが世界に通用するAI認定資格を取得する機会が広がります。

今後も日本マイクロソフトはマイクロソフト認定ラーニングパートナーと連携し、高品質なトレーニングを提供することで、AIの実社会での活用を推進してまいります。