Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」GIGAスクール構想で進むYouTubeの授業利用を安全にする、チャンネル単位での視聴制御機能を搭載

アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」をバージョンアップし、6月1日より販売開始することを発表した。

Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 9.1 SP1」概要

販売開始日

2020年6月1日

ターゲット

教育委員会、自治体、官公庁、企業

バージョンアップ概要

文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」は、児童・生徒の1人1台端末と高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備する計画。

政府は、新型コロナウイルスに対応するため1人1台端末の早期実現を目指し、2023年度までに達成予定としていた端末整備の前倒しを支援する2020年度補正予算を計上。

今後GIGAスクール構想への対応がますます加速していくと考えられる。

1人1台端末の安全なインターネット利用を実現するWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」は、今回のバージョンアップにより、GIGAスクール構想で進む授業でのYouTube活用を支援する機能として、文部科学省が提供するチャンネルのみ視聴を許可する機能を新たに搭載。

これにより、児童・生徒にとって不適切な動画の視聴を防止するとともに、授業に必要な教育コンテンツのみを安全に視聴させることができるようになる。

また、YouTubeの特定チャンネルの動画URLを一括抽出する「YouTubeエクスポーター」機能を利用して例外URLに登録することで、文部科学省以外の動画についても、チャンネル単位で簡単に視聴制御することができる。

GIGAスクール構想向け特別価格キャンペーン​

ALSIは、GIGAスクール構想向けにWebフィルタリング特別価格キャンペーンを実施している。

「InterSafe WebFilter」では、1校あたり1年間11万円(税抜き)の学校無制限ライセンスを提供。

通常のアカデミックライセンスと比べ、1校500ユーザの場合85%OFFで導入することができる。

端末の増加にあわせてライセンスを追加購入する必要がないため、当初予算で対応でき、端末台数の変動にともなう煩雑な事務処理を削減する。

※持ち帰り学習向けにクラウド型のWebフィルタリング「InterSafe GatewayConnection」も特別価格で提供している。