プログラミングスクール「テックキャンプ」運営のdiv、18.3億円の資金調達を実施

プログラミングスクール「テックキャンプ」を運営する株式会社div(本社:東京都 渋谷区、代表取締役:真子就有、以下「div(ディブ)」)は、Eight Roads Ventures Japanをリード投資家とした第三者割当増資及び金融機関からの借入により、総額約18.3億円の資金調達を実施したことを発表した。

「テックキャンプ」について

テックキャンプは日本最大級のプログラミングスクール。

挫折せずに学び切るためのサポート体制が充実しており、過去に20,000名以上が受講をしている。

未経験からプロのエンジニア転職を実現する「テックキャンプエンジニア転職」ではこれまでに1,000名以上が転職に成功している。

調達した資金の使用目的

テックキャンプは東京・大阪・愛知・福岡に展開し、今まで20,000名以上に利用されている。

今回の調達により、テックキャンプをさらに多くの人に認知してもらうとともに、さらなる品質の向上を目指しながら拡大できる環境を整えていく。

①学習システムの開発

テックキャンプでは未経験からでもプログラミングが取得できるよう、より分かりやすい教材の開発に注力している。

カリキュラムにはチャット機能なども備えるなど、受講生の学習体験を向上するためのシステムも日々改善している。

受講生の満足度向上のために、常に新鮮な学習カリキュラムを提供していく。

②人材の採用、育成

テックキャンプの強みは、メンターやトレーナーを始めとする手厚いサポート体制。

スタッフの品質を犠牲にしてサービスを拡大することは行わない。すべての受講生に最高品質のサポートが行き届くよう人材の採用と育成に力をいれていく。

③プログラミングスクールの教室増床

テックキャンプでは、集中して学習できる教室環境を提供している。

好評につき、3ヶ月先まで満席状態が続いており、受講したくでもできない人が多くいる。

より多くの人々に利用してもらえるように、安全管理などの設備を徹底しながら、新しい教室を展開していく。

④認知拡大のためのプロモーション強化

毎日テックキャンプには受講の問い合わせが多く寄せられているが、まだまだ認知が高いとは言えない。

テックキャンプの受講で人生が変わった人を少しでも増やすためにプロモーションをより強化していく。

引受先・借入先

  • Eight Roads Ventures Japan
  • 森トラスト株式会社
  • 価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合
  • SMBCベンチャーキャピタル5号投資事業有限責任組合
  • 株式会社ドリームインキュベータ
  • ナントCVC2号投資事業有限責任組合
  • ウィーンの森-VLIベンチャー育成1号投資事業有限責任組合
  • VLIベンチャー育成投資事業有限責任組合
  • 森正文氏
  • 商工中金
  • きらぼし銀行

自宅にいながらオンラインでプロのエンジニアになれるオンラインスタイルを開始

テックキャンプはこれまで教室学習を中心としたサービスとして展開してきた。

そのため、近くに教室がない人はサービスを利用することができなかった。

また、新型コロナウイルスや緊急事態宣言の影響もあり、教室に通えず受講を諦める人も増えてきた。

こうした人々にもプログラミングを学べる最高の環境を提供するために、オンラインスタイルの開始に至った。

特徴

オンラインでも教室と同じ品質の学習効果を実現

①メリハリをつけた学習

オンライン学習は教室学習に比べて、集中力の維持が難しい環境。

テックキャンプのオンライン学習では、決められた時間割に沿って学習や休憩を行うことでメリハリをつけている。

また、受講生同士で課題に取り組む時間も頻繁に設けているため、1人でサボってしまう心配もない。

②受講生同士のコミュニケーションの機会

テックキャンプのオンライン学習は1人ではない。

同じ目標に向かって切磋琢磨する他の受講生とグループになり、一緒に学習を進めていく。

教室のように仲間と一緒に学び合うことで、高いモチベーションを維持できる。

③学習をやりきらせる手厚いサポート体制

学習中に質問があればチャットもしくはビデオ通話でプロの講師にいつでも質問することができる。

また、パーソナルトレーナーがつくことで、オンライン学習でも挫折しない。

転職が決定するまでは専属のキャリアアドバイザーが転職成功までサポート。

実際にオンライン学習を利用した受講生の声

オンライン学習で一番良かったのは、他の受講生と交流することで学習にメリハリが生まれ、飽きずに学べたことです。講師の方だけでなく同期の受講生の熱量もあり、モチベーションが保てました。コロナの影響で4月に教室学習からオンラインへと学習環境が変わりましたが、期待以上の学習が出来ました。(男性 27歳)

メンターとのミーティングや他の受講生とのワークなど、一人きりにならない仕組み作りが行われていたため、集中して勉強することが出来ました。オンライン学習により、これから実践の場でも増えるであろうリモートワーク下での仕事の擬似体験ができたのも良かったです。(女性 30歳)


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。