チエル、2020年3月期決算短信。売上高31.9億円(対前年比+56.9%)、営業利益2.4億円(対前年比+211.3%)

チエル株式会社は5月22日、2020年3月期決算短信を発表した。

売上高は31.9億円(対前年比+56.9%)、営業利益は2.4億円(対前年比+211.3%)、経常利益は2.3億円(対前年比+281.0%)。

利益率は、営業利益率7.6%(前年同期3.8%)、経常利益率7.3%(前年同期3.0%)だった。

売上は、株式会社昭栄広報及び株式会社エーアンドシーの業績を含む「進路部門」の売上が計上されたほか、学習部門・情報基盤部門も増収となったことで増加。

営業利益は、主に全国の教育委員会からの受注が好調に推移した「情報基盤部門」の増益により増加している。

2021年3月期の連結業績予想は、売上高36.0億円(対前年比+13.0%)、営業利益3.0億円(対前年比+24.0%)、経常利益3.0億円(対前年比+28.0%)、純利益2.0億円(対前年比+29.6%)を見込んでいる。