ビジネス特化型オンライン英会話「Bizmates」最短1カ月で英会話初心者を卒業できる新プログラムを提供開始

ビジネス特化型オンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」を展開するビズメイツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木伸明)は、受講開始から最短1カ月で英会話初心者を卒業できる新プログラム『Bizmates starter(ビズメイツスタ―タ―)』の提供を開始したことを発表した。

『Bizmates starter』とは

昨今のコロナ禍の影響で在宅勤務する方が増え、オンラインサービス全体の需要が高まる中、ビズメイツのオンライン英会話サービスの新規顧客数も昨対比で大幅に増加している状況。

また、この新規顧客のうち、英会話初心者・初級者(※Bizmatesの初回レベル診断でLevel 1 – Rank Aと判定された方)の割合は昨年同月比で1.3倍以上(2020年4月)となっており、在宅勤務が続く中、これを機にオンライン英会話を始めようとする英会話初心者の方が増加傾向にあることが分かった。

従来、英会話初心者にとって、顔の表情やジェスチャーでの意思表示が伝わりにくいオンライン英会話はハードルが高く、最初は書籍やWEB動画等のインプット型学習を行ってからオンライン英会話を始めたり、日本人の講師やスタッフのサポートがある通学型の英会話スクールを選択しようとする傾向があった。

ビズメイツはこうした課題を解決すべく、文法や単語知識ゼロの状態から、発話練習を通じて感覚的に話せるようになるための新プログラム『Bizmates starter』を開発し、オンライン英会話レッスン受講に必須の厳選200フレーズを修得するだけで、講師と問題なく意思疎通を図れるようになり、講師とのマンツーマンレッスンを通じて効果的な学習ができるようになった。

『Bizmates starter』の特徴

外国人ビジネスパーソンとの英会話の経験値がカンタンに積めるため、レッスン受講(=英会話能力上達に必須の学習)に対する心理的ハードルを下げられる特別プログラム。

プログラム内容は以下の3つの特徴がある。

1.文法や単語の知識は不要。感覚的に話せるようになるレッスン設計

Bizmates Starterは台本を見ながら発話し、英会話の一連の流れをトレーナーと一緒に練習するプログラム。

難しい「学問」としての英語ではなく、楽しい「言葉」としての英語を学ぶ。

2.英会話に必須の約200フレーズを修得

英会話レッスン中に出くわすさまざまな場面の会話を全20レッスンにわたり体験。

各場面で役立つフレーズを実際に試し、相手の反応を見ることで英会話で使うフレーズの意味や、使用する場面を感覚的に覚えられるのが特徴。

3.動画で会話の様子を確認

Video Lessonではレッスンで交わされる会話の様子をそのまま視聴可能。

英会話に必要な基本フレーズを、発音を真似することでカンタンに覚えられる。

ビジネス特化型オンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」とは

数あるオンライン英会話の中で、ビジネスに特化したオンライン英会話学習サービス。

営業時間は毎日5時から25時まで。

受講者は申込時に1日1回25分レッスンプランか50分レッスンプランを選択、プランに合わせてレッスンを予約し、フィリピン人トレーナーからオンラインコミュニケーションツールのskypeを介して英語を学ぶ。

予約は5分前まで、キャンセルは30分前まで可能という利便性に加え、ビジネスの現場ですぐに活用できる実践的なオリジナルプログラムにより、JR東日本、野村総合研究所など、多くの法人企業の研修に導入されている。