オンライン家庭教師「NoSchool」、生徒向けに書画カメラを月500円でレンタルできるプランを開始

オンライン家庭教師のNoSchoolを運営する株式会社NoSchool(東京都千代田区、代表取締役:徃西 聡)は今回、書画カメラのレンタルプランをリリースしたことを発表した。

書画カメラのレンタルについて

生徒/保護者とオンライン家庭教師をつなぐマッチングプラットフォームを運営する株式会社NoSchoolは、オンライン指導を利用する生徒に対して書画カメラのレンタルを開始した。

書画カメラとは手元やノートを写して共有できるカメラで、月々500円(税抜)で利用できる。

※本サービスを利用する人に限り、書画カメラレンタルプランを利用できる。

書画カメラのメリット/値段について

書画カメラは「手元のものが写せる」「カメラを固定したままにできる」といったメリットがあり、オンラインでの指導をするには最適の機材となっている。

しかし購入をするには、本体価格は13,000円~30,000円と少し高めであり手が出しにくい状況だった。

NoSchoolでは、サービスを利用する生徒が、書画カメラを使ってオンライン指導がより便利に利用できるように、月々500円(税抜)という金額設定でこのレンタルプランを開始。

オンライン家庭教師のNoSchoolについて

小・中・高校生が自分にあった(どの科目が得意かなど)先生を選ぶことができる、オンライン指導に特化した家庭教師マッチングプラットフォーム。

ビデオ通話で、海外・日本全国どこからでもオンラインで指導が受けられる。

また、1科目・1分野から受講が可能なため、苦手科目の克服やテスト前や受験対策など、幅広い用途に利用できる。