ゲシピ、eスポーツと英会話をオンラインで同時に学べる「eスポーツ英会話」を開始

eスポーツトレーニングジムやeスポーツクラブ活動ツール「eブカツ」などの「eスポーツトレーニングプラットフォーム」を展開しているゲシピ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:真鍋 拓也、以下「ゲシピ」)は、eスポーツと英会話をオンラインで同時に学べる「eスポーツ英会話」をサービス開始したことを発表した。

サービス開始キャンペーンとして1回500円で受講ができるワンコインキャンペーンも実施する。

ゲシピではこれまでeスポーツジムでの対面コーチングやオンラインコーチングなど、eスポーツを学びたいプレイヤー向けにeスポーツコーチングを提供してきた。

一方コロナ禍による外出自粛、学校休校により、子どもの1日のゲームプレイ時間が平均2〜3倍に増えている。(ゲシピ調べ)

本当はゲームの時間はもっと少なくしたいんだけど外出することもできない、結果ゲーム時間が増えてしまう、そんな悩みを持っている人が多く増えてきている。

ゲシピはこのような課題を解決すべく、これまで蓄積してきたコーチングノウハウを生かし、ゲームの時間を有効活用できる「eスポーツ英会話」のサービスの提供を開始する。

サービス提供にあたり、eスポーツのイベント企画・コンサルティングを行っている株式会社Esaris Worksと共同で運営をしていく。

eスポーツ英会話について

保護者の声

  • 受講開始時にはゴモゴモしか話せてなかった子が、ゲームしながら話しているうちに自然と元気に発言出来るようになっていた。語学教育に非常に有効な手段だと感じました。(12歳男子の保護者)
  • 受講が終わってからも「オンミー!」「ダウン!」などと一人で話しながらプレイしています。次のeスポーツ英会話いつあるの?とすぐに聞かれました。(10歳男子の保護者)

内容

ゲシピ所属のeスポーツコーチのうち英語ネイティブ・英語上級者のコーチから、人気のeスポーツと生きた英会話を同時に学べる。

対象年齢は小学生以上、英語レベルは初級クラスから。

コーチと一緒にeスポーツをプレイしながら、コミュニケーションに必要な英会話をボイスチャットを使って学ぶ。

クラスは1回90分。カリキュラムは全5回を用意しているが、好きなクラスのみ受けることも可能。

eスポーツタイトルはいま小学生に大人気のフォートナイトなど。これからタイトルも増やしていく。

ワンコインキャンペーンについて

6月3日から6月20日まで、1回500円(税込)で受けられるワンコインキャンペーンを実施する。

各回の数名の定員になり次第締め切りとなる。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。