J:COMとさいたま市教育委員会が「ICTを活用した教育環境の実現に関する協定」を締結、在宅学習支援に向けタブレット端末を貸与

株式会社ジェイコム埼玉・東日本(J:COM本社 所在地:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:菊池 孝太郎)は、2020年5月21日(木)埼玉県さいたま市教育委員会(教育長:細田 眞由美)と「ICTを活用した教育環境の実現に関する協定」を締結したことを発表した。

さいたま市では、緊急事態宣言を受け、2020年4月8日(水)から学習コンテンツ視聴による在宅学習の取り組みを進めている中、在宅学習に使用できる端末やインターネット環境が整わない家庭への対応が課題となっていた。

J:COMでは、2020年4月20日(月)からJ:COMのコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル」で学習コンテンツの放送を実施し、インターネット環境の整っていない家庭へテレビ放送を通じた学習支援を行ってきたが、今回の協定を踏まえ、新たにタブレット端末の手配協力を行うこととなる。

1日でも早く子供たちの在宅学習環境を整えるため、J:COMでは迅速にタブレットの手配を実施し、さいたま市は対象世帯の中から希望の家庭に順次タブレットの配布を開始する。

J:COMでは、ケーブルテレビ事業者として地域の人々に必要とされる情報を発信し続けるとともに、ICTを活用したさまざまな支援を通じ地域の発展に貢献していく。