ライフイズテック、奈良県の全公立高校・中学校を対象に学校向けオンラインプログラミング教材「Life is Tech ! Lesson」を提供開始

​プログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、中学校・高校向けに提供するプログラミング教育に対応した指導教材「Life is Tech ! Lesson」(ライフイズテック レッスン)が奈良県下の全公立高校・中学校における指導の一環として採用されたことを発表した。

また、登校自粛期間中でも授業ができるよう、オンラインでの授業サポートや、プログラミング必修化に向けた教員向けのプログラミング講座の実施のほか、奈良県が新たに導入を決定したグループウェアツールG Suiteと連携した課題解決型のプログラミング体験授業も提供する予定。

「Life is Tech ! Lesson」は、生徒がそれぞれのペースで学習可能なオンライン型のプログラミング教材。

先生向けには、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの学習支援ツールも提供し、プログラミング教育に不安を持っている先生でも容易に授業を届けられるトータルパッケージである。

ライフイズテックでは、学校および自治体教育委員会を対象に「EdTech導入補助金」を活用したプログラミング教育導入のサポートを開始する。

「EdTech導入補助金」を活用したプログラミング教育導入サポートの概要

背景

Society5.0時代における教育現場では、個別最適化された格差のない公平な学びと、プログラミング教育をはじめとする創造性を喚起するSTEAM学習を構築することが必要であり、そのためにはパソコン端末や高速通信網等のICTインフラの整備と併せ、EdTech(エドテック)サービスの学校等における積極的な導入が効果的と言われている。

本年度より、EdTechサービスやITを活用した教育サービスの全国的な普及を後押しすることを目的に「EdTech導入補助金」が交付される。

また、現在の休校や登校自粛のような非常事態の状況においては、各地方自治体におけるオンライン学習環境およびEdTechサービスの整備状況が子どもたちの教育の格差につながる可能性もあり、早急な整備が求められている。

提供対象

奈良県下の全公立高校・中学校

提供教材

中学校・高校向けプログラミング指導教材「Life is Tech ! Lesson」(ライフイズテック レッスン)

「Life is Tech ! Lesson」の特長

  • 個別最適の授業を実現:一斉授業ではなく、生徒がそれぞれのペースで学習可能
  • コーディングを楽しく学べる:エピソードに合わせて、課題が出題、作品作りを通して学ぶ
  • 授業準備の手間がかからず、導入環境や設定もシンプル
  • 進捗管理画面、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの先生向けの授業支援ツールも提供