リブリーと受験研究社、 中学生向け学習参考書「自由自在」「標準問題集」デジタル版を8月末まで無償提供

スマートに学べる問題集「Libry(リブリー)」を開発する、株式会社Libry(リブリー、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:後藤 匠)と、教育出版社 株式会社増進堂・受験研究社(本社:大阪市西区、代表取締役:岡本明剛)は、休校等により家庭学習に取り組む中学生を支援するため、個人・学校・自治体に対し、中学生からの圧倒的な支持を誇る参考書「自由自在」(英語・数学・理科・社会)と問題集「標準問題集」(英語・数学)を急遽デジタル化し、2020年8月31日まで「リブリー」にて無償で提供することを発表した。

提供開始日は、書き込みもできる電子書籍版の「標準問題集」(英語・数学)が2020年5月25日、「自由自在」(英語・数学・理科・社会)は2020年6月1日に一部科目から順次提供。

さらに「問題検索」や「復習支援」などの学習サポート機能が豊富なデジタル問題集版の「標準問題集」も準備ができ次第公開予定。

今回の無償提供について

スマートに学べる問題集「リブリー」は、既存の教科書や問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいた個別最適化学習ができる「デジタル教科書・教材」。

現在、500以上の中学校・高等学校に提供している。個人での利用も可能。

一方、教育出版社 株式会社増進堂・受験研究社の発行する参考書「自由自在」は、創刊60年 累計2600万部を突破し、世代を超えて親しまれる、基礎から高校受験まで中学3年間使えるベストセラー参考書。

また、「標準問題集」も創刊50年を超える中学生用の定番問題集として実績があり、StepA(基本問題)・StepB(標準問題)・StepC(実力問題)の3段階で、無理なく学力アップを図ることができる。

今回、株式会社Libryと株式会社増進堂・受験研究社は、休校等によって家庭学習に取り組む中学生を支援するために、オンライン授業の補助や自習に最適な参考書「自由自在」(英語・数学・理科・社会)と「標準問題集」(英語・数学)をデジタル化し、「リブリー」にて無償で提供する。

これまでも、個社でコンテンツの無償提供など休校期間の学習支援を行ってきたが、休校期間の長期化で学習格差が拡大していることを受けて、より多くの子供たちの学習を支援できるよう協働していく。

対象書籍

提供対象の書籍は、基礎から高校受験まで使える信頼の参考書「自由自在」<数学、英語、理科、社会>、「標準問題集」<数学(中学1年、中学2年、中学1〜3年)、英語(中学1年、中学2年、中学1〜3年)> の計10冊を予定している。

利用について

個人での利用も、学校・自治体での利用も可能。それぞれ以下の方法で申込み。

個人での申込み

対象

すべての中学1~3年生の生徒・保護者

申込み方法

LEARN at HOMEプロジェクトサイトに未登録の場合

  • Step1:申し込みサイトに登録。登録時にLINEの友達登録がされる。
  • Step2:増進堂・受験研究社公式LINEアカウントのトーク画面に#libryと入力。
  • Step3:LINE上でリンク先とID/パスワードが届くのでログインすれば利用できる。

LEARN at HOMEプロジェクトサイトに登録済みの場合

  • Step1:増進堂・受験研究社公式LINEアカウントのトーク画面に#libryと入力。
  • Step2:LINE上でリンク先とID/パスワードが届くのでログインすれば利用できる。

学校・自治体でのお申込み

対象

すべての中学校・自治体

申込み方法

申し込みフォームにて必要事項を入力のうえ、申込み。

提供期間

  • 「自由自在」:2020年6月1日から順次公開〜2020年8月31日まで
  • 「標準問題集」:2020年5月25日〜2020年8月31日まで

利用環境

PC、タブレット、スマホ、Chromebookで利用できる。対応OSはiOS、Android、Windows、ChromeOS。

利用可能な機能

書籍ビューワー機能

※急遽デジタル化したため、まずは書籍ビューワー機能のみ利用できる。問題集については、「問題検索」等の機能を順次利用できるようになる予定。

株式会社Libry 代表取締役CEO 後藤 匠氏のコメント

全国一斉休校のニュースがあってから、リブリーもコンテンツの無償提供の取組などの取り組みを積極的に行ってまいりました。無償提供を進めていく中でも、中学生が家庭学習で活用できるコンテンツのラインナップの拡充は社内でも課題になっていました。

その中で、増進堂・受験研究社さまにご協力をいただき、子供たちの学びを止めないために、創刊以来2600万部突破のベストセラー参考書である「自由自在」をはじめとしたコンテンツを提供させていただけることになったことは、非常に心強く感じています。

これから、まだ学校再開がされていない地域があります。学校が再開しても、授業進度等も例年通りにいかず、取り残されてしまう子供たちが出てくるかもしれません。リブリーが、そんな状況にある学習者のみなさまを含め、全国のみなさまや地方自治体でも、お役に立てていただければ幸いです。

株式会社増進堂・受験研究社 専務取締役 岡本 泰治氏のコメント

当たり前の授業や学校生活が突然なくなっても、慣れないオンライン授業や家庭学習に悪戦苦闘しながら学び続ける多くの中学生がいます。そして、そんな子供たちに学びを届けるため一生懸命に取り組まれている多くの先生方もいらっしゃいます。我々としても何かできないかと思いをめぐらしました。

オンライン授業で理解しきれなかったこと、普段は先生にすぐに質問できたこと、休校が終わっても駆け足の授業で理解がついていかないこと、そんな中学生の「?」が沢山あると思います。

それらを少しでも減らせればとの想いから、中学三年間の内容が一冊に分かりやすくまとまった参考書「自由自在」とその理解の確認に使える「標準問題集」を、リブリーさんにご協力頂き、無償で提供させて頂くことにしました。個人はもちろん、学校や自治体でもご活用頂ければ幸いです。

スマートに学べる問題集「リブリー」について

スマートに学べる問題集「リブリー」は、提携出版社の発行する教科書・教材をデジタル化し、学習履歴に基づいた個別最適化学習ができるAIドリル機能で、生徒がより効率的に学べるようサポートする「デジタル教材」。

現在、「1人1台」端末環境を整備している中学校・高等学校を中心に500校以上に提供されている。

学校で導入すると、生徒向けコンテンツと合わせて、「リブリー」の学習履歴の確認や宿題の配信・回収・集計ができる先生用管理ツールも利用できる。

授業準備や宿題対応などの業務が効率化され、校務負荷軽減や先生の働き方改革につながる。

「リブリー」の特徴

  1. 信頼と実績のある教科書・教材をそのままデジタル化。
  2. 一人ひとりの学習履歴に基づいて個別最適化された問題を提示することで、応用力の強化、記憶の定着、弱点の補強を図る。
  3. 先生用管理ツールで、授業準備や宿題対応などの業務を効率化し、校務負荷軽減や先生の働き方改革に貢献。

Youtubeチャンネル


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。