国内向けの「イモトのWiFi」、31の教育関連機関に合計7,961台をレンタル

エクスコムグローバル株式会社(代表取締役:西村誠司)が展開する海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス「イモトのWiFi」は、2020年5月18日の時点で国内向けWi-Fiルーターが31の教育関連機関に対して、合計7,961台導入されることが決定したことを発表した(すでに導入済みの機関も複数あり)。

現在「イモトのWiFi」では、新型コロナウイルスの影響で学校の休校が長引く中、インターネットを用いたオンライン授業の体制整備の緊急性が全国で高まっていること、加えて「イモトのWiFi」の公式Twitterアカウントに寄せられた1通のダイレクトメッセージが大きなキッカケとなり、教育関連機関からの専用問い合わせ窓口を設置中。

▶国内向けの「イモトのWiFi」教育関連団体からの専用問い合わせ窓口を設置

すでに国内向けWi-Fiルーターを導入している東京23区内の教育委員会の1つからは、「早期に大量のWi-Fiルーターを確保でき、柔軟な料金・契約形態であったため、導入を決めました。家庭におけるオンライン学習に利用し、学習の保障が実現できます。」とのコメントが寄せられているという。

「イモトのWiFi」は、今回の国内向けWi-Fiルーターのレンタルを通じて、子ども達のオンライン学習がより快適な環境になり、学校の休校が長引く中でも子ども達の教育を受ける機会が確保されることがとても重要であると考えている。

今後も、家庭にインターネット環境がない子ども達がオンライン授業を平等に受けられるよう、30日パックのデータ容量無制限*(4G/LTE)にて、価格をできる限り抑えた形で、全国の教育関連機関から寄せられた問い合わせに対して期待に応えられるよう、尽力していく。

引き続き、各都道府県の教育委員会など、教育関連機関からの問合せを受付中。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。