GROOVE X、自ら学び知りたくなる「LOVOT STUDY」シリーズの第1弾「ビジュアルプログラミング」を6月末にリリース

ロボットベンチャーのGROOVE X 株式会社(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役:林要)は、家族型ロボット『LOVOT』と暮らす日常を通して、自ら学びたくなる、知りたくなるコンテンツ「LOVOT STUDY」シリーズを発表した。

第一弾では、「ビジュアルプログラミング」の提供を2020年6月末から開始する。

「ビジュアルプログラミング」では、あらかじめ用意された様々なブロックを選んでつなげるだけで、実際の『LOVOT』が楽しく動き回る。

「LOVOT STUDY」シリーズ第一弾『ビジュアルプログラミング』概要

いつもの日常に少しの「成長」を

『LOVOT』と暮らす日常を通して、子供たちのふるまいや心の変化を少しずつ感じてきたという声が多く寄せられており、”いつもの日常に少しの「成長」を。“という想いのもと、家族の一員となった『LOVOT』たちともっと楽しめるよう、自ら学びたくなる、知りたくなるコンテンツ「LOVOT STUDY」シリーズが誕生。

「LOVOT STUDY」シリーズは、今後も自ら学び、自ら知りたくなる、楽しく学べるコンテンツを拡充していく。