スプリックス、2020年9月期第2四半期決算。売上高58.9億円、営業利益9.6億円

株式会社スプリックスは5月13日、2020年9月期第2四半期決算短信を発表した。

売上高は58.9億円、営業利益は9.6億円、経常利益は9.6億円、純利益は7.0億円。

営業利益率は16.3%、経常利益率は16.3%となった。

2021年9月期の連結業績予想に修正はなく、売上高110.6億円、営業利益11.0億円、経常利益11.0億円、純利益7.9億円を見込んでいる。

※スプリックスは子会社として株式会社プログラミング総合研究所を新たに設立したことに伴い、2020年9月期第2四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しているため、対前期増減率は記載していない。