N高とメルカリ、通学コースの特別授業で「Project 2040 – 20年後の価値交換を考える」を実施

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)と株式会社メルカリ(以下、メルカリ)は、N高通学コース課題解決型学習(PBL)「プロジェクトN」の授業にて、2020年5月13日(水)~6月26日(金)の期間、未来の価値交換を支えるビジネスやサービスを創造する「Project 2040 – 20年後の価値交換を考える」を実施することを発表した。

この授業は、新型コロナウイルス感染予防のため、インターネットを活用したオンライン授業で全国の通学コースの生徒を繋ぎ、学びの機会を提供する。

「Project 2040 – 20年後の価値交換を考える」授業概要

人類は、文明の発展に伴い、価値の交換方法を変遷させてきました。近年ではテクノロジーの進化によって、「信用」や「暗号資産」など、貨幣だけではない価値交換が行われるようになってきた。

”新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る” をミッションに、フリマアプリ「メルカリ」をはじめとしたサービスを展開するメルカリと、実社会を題材に、自ら答えがない課題に取り組み、解決策を導き、発表する「プロジェクトN」の授業を通して、生徒たちが大人として生きていく20年後の未来はどのような形になっているのか、そこにどのようなビジネスやサービスがあったら良いのか考えていく。

最終の成果発表は、全国から選抜された案をN高生がメルカリ役員へ直接プレゼンテーションを行う。

日時

2020年5月13日(水)~6月26日(金)

授業内容

価値交換の変化を知り、今を見つめ、未来を考える

  1. 価値交換の変遷を学ぶ
  2. 現在の価値交換を支えるサービスを調査し、仕組みを知る
  3. 今後20年の間に起こる社会の変化を予測し、価値交換のあり方を考え、その価値交換を支えるビジネスやサービスを提案する

授業は、メルカリによる講義と特別講演をベースに、グループワークを中心に進行。

最終プレゼンでえらばれたグループは、メルカリ役員に向けて2040年の価値交換を支えるビジネス・サービスを発表する。