福井県、緊急支援事業において旺文社の接客業界に特化した法人向けeラーニング教材『ココマナ とにかくひとこと英語応対講座』を採用

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)は、福井県と公益社団法人福井県観光連盟(福井県福井市、会長 勝木健俊)が実施する新型コロナウイルス感染拡大防止期間における緊急支援事業「観光事業者おもてなし向上オンライン研修」にて、旺文社が提供する接客業界に特化した法人向けeラーニング教材『ココマナ とにかくひとこと英語応対講座』が採用されたことを2020年5月12日に発表した。

福井県「観光事業者おもてなし向上オンライン研修」の概要

福井県と福井県観光連盟による「観光事業者おもてなし向上オンライン研修」は、福井県内の観光関連事業者等(旅館・ホテル・民宿等の宿泊施設、飲食店、観光施設等)を対象に、5月上旬~6月末までの新型コロナウイルス感染拡大防止期間中に提供する研修。

観光業研修、福井県PR研修、接客に使える語学研修など、観光に関連する様々なテーマの講座があり、将来の観光需要回復に備えるために実施される。

『ココマナ とにかくひとこと英語応対講座』について

『ココマナ とにかくひとこと英語応対講座』は、簡単な接客英語を動画と発話トレーニングで学ぶことのできる法人向けeラーニング教材。

現在、各業種やシーンに応じた6コースを展開しており、主な特長は以下の3点。

主な特長

  1. 接客業の各業種に特化した簡単なフレーズのみを学べる
  2. 臨場感のある動画と発話採点で、何度も繰り返し学べる
  3. スマートフォンやPCで、場所・時間に縛られることなくいつでも学べる

今回上記支援事業では、「販売コース」「宿泊コース」「飲食コース」の3つが採用されている。

スマートフォンやパソコンで学習でき、時間・場所の制限がないため、テレワークや在宅勤務中の従業員の方にもマッチしている。

旺文社は新型コロナウイルス感染拡大防止期間中に“ひとこと英語応対能力”が向上できるチャンスとなるので、多くの人に参加してもらいたいと考えている。

今後も旺文社は将来のインバウンド需要回復に向けた言語面でのサポートを提供していく。