atama plusと学校法人駿河台学園、高3・既卒生対象のオンライン模試「駿台atama+共通テスト模試」を共同開催

学校法人駿河台学園(本部:東京都千代田区、理事長:山﨑 良子、以下「駿台」) とatama plus株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:稲田 大輔、以下「atama plus」)は、オンライン模試「駿台atama+共通テスト模試」を共同開催することを発表した。

「駿台atama+共通テスト模試」は、高3・既卒生対象の大学入学共通テスト対策模試である「駿台共通テスト模試」の業界初のオンライン版公開模試として、2020年7月27日〜8月9日に実施を予定している。

新型コロナウイルスの影響により大学入学共通テストに不安を抱える高3・既卒生に広く活用してもらえるよう、今回は無料で提供する。

新型コロナウイルスの影響を受け、駿台では、対面授業の休講を予定している2020年5月7日から7月中旬ごろまで、駿台予備学校に通う全生徒に、映像授業Web配信とatama+ Web版を活用したオンライン授業を提供している。

新型コロナウイルスによる自宅待機で不安を抱える高3・既卒生に、大学入学共通テストに向けた学習状況把握のために重要な模試を安心して受験してもらいたいという思いで、駿台とatama plusは、模試のあり方を協議してきた。

今後も、模試を安全に受験できる会場定員の確保に限界がある状態が続くと予想されることから、3密を避け会場に行かなくても安心して受験できるよう、オンラインで「駿台atama+共通テスト模試」を実施することを決定。

「駿台atama+共通テスト模試」実施概要

「駿台atama+共通テスト模試」は、2020年7月27日〜8月9日に行われる。

受験する生徒は、期間中であれば、いつ、どこからでも、駿台の講師陣が作問した高品質模試をパソコンで受験することが可能。

また、受験直後にオンラインで正誤結果を受け取り、各問題のミスの傾向をもとに今後学習するべき単元を把握することで、試行錯誤過程を忘れないうちに振り返り、その後の学習にいかすことができるようになる予定。

さらに、AI先生「atama+」で学ぶ生徒は模試の結果判明した弱点単元を目標に設定すると、それらの単元を最短で習得できるよう一人ひとりにあった学習を進めることが可能となる。

なお、今後の「駿台共通テスト模試」は全て、既存の会場実施方式・高等学校実施方式に加えて、オンライン版公開模試である「駿台atama+共通テスト模試」を併用する形式に切り替える予定。

駿台は、生徒が正しく自分の学力を把握し学習に取り組めるよう、経験豊富な講師陣による良質な問題作成にこだわり、多様化する入試傾向に応じた豊富なラインナップの模試を提供してきた。

atama plusは、学習を一人ひとり最適化することで「基礎学力」を最短で身につけ、その分増える時間で「社会でいきる力」を伸ばすことを目指し、AI先生「atama+」を開発・提供してきた。

両者の強みをいかすことで、生徒が安心して受験でき、効率的に学力向上につなげられるような新しい模試の形を追求していく。

駿河台学園 山﨑理事長のコメント

駿台グループは、予てより2020年大学入試改革を見据えて、「大学入学共通テスト」対策を研究してまいりました。今般、受験学年を迎え、新型コロナウイルスの影響により自宅待機を余儀なくされている高3・既卒生の皆さんを何とか支援したい思いで、「オンライン模試」の実施を決定しました。今回、難易度や形式は、共通テストにマッチするよう作問しています。幅広く多くの方にご活用いただき、今後の学習指針を立てていただけると幸いです。

atama plus 稲田代表取締役のコメント

atama plusは、駿台と共に次世代の模試をスタートします。会場での受験が困難な状況においても、オンラインで自宅から安心して受験が可能、かつ従来になかったきめ細かな弱点分析とフィードバックを試験終了直後から受けられるようになります。模試を実力判定・志望校判定のツールで終わらせず、より効率よく、最短で弱点を克服し力を伸ばすサイクルをつくることで、私たちは、学びを進化させてまいります。

実施期間

2020年7月27日〜8月9日

受験形式

選択式、オンライン実施

料金

無料

対象

高3・既卒生

教科

英語(リーディング、リスニング)、数学(数学I、数学IA、数学II、数学IIB)、国語(現代文、古文、漢文)、理科(物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎、物理、化学、生物、地学)、地歴公民(世界史B、日本史B、地理B、現代社会、倫理、政治・経済、「倫理、政治・経済」)

申込方法

2020年6月1日より、駿台I-SUM Clubにて申込受付開始予定