旺文社、中高生向けオンライン学習動画サービスを展開する学びエイドへ出資

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒 大壱)は、株式会社旺文社ベンチャーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:本多輝行)が運営するファンドを通じて、中学・高校生向けオンライン学習動画サービスを展開するEdTechスタートアップ の株式会社学びエイド(本社:東京都文京区、代表取締役:廣政愁一)へ、2020年4月30日に出資したことを発表した。

旺文社、学びエイドへの出資の背景と目的

背景

GIGAスクール構想の実現に向けた取組みや新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響によって、学校だけでなく家庭や学習塾などでも教育のICT化が進み、オンラインを使った遠隔学習の必要性が高まっている。

旺文社および旺文社ベンチャーズでは、学習を技術革新で支援するEdTechにかねてより注目していた。

出資の目的

学びエイドは主に中学・高校生向けの学習塾を対象としたオンライン動画学習サービスを展開している。

大手の予備校や学習塾などでの経験豊富な講師(約130名の「鉄人講師」)が制作した各教科(科目)全範囲を網羅した映像授業(約32,000本)を配信し、既に1800以上の教室に導入されている。

旺文社では、これまでも学習アプリや教育ICTサービスと連動した書籍の刊行を行ってきた。

学びエイド社とは、共同企画「1冊逆転プロジェクト」にて書籍刊行するなど、学習参考書の補完サービスとしてオンライン学習動画との連携を深めてきた。

今回の出資を通じて、旺文社と学びエイド社が連携を更に深め、旺文社が持っている学習コンテンツ、チャネルと学習動画サービスを組み合せるなどさらなる両者の事業強化につなげていく。

また現在、全国的に中学・高等学校の休校措置が続き、学習環境が整わず苦境に立たされている中学生、高校生、大学受験生のために、学びを止めない取り組みとして学びエイド社と協力していく。

【武田塾×学びエイド×旺文社共同企画】「一冊逆転プロジェクト」

解説動画で理解を深める学習参考書シリーズ。

「一冊逆転プロジェクト」は、学びエイドの講師陣を主な著者に迎え、武田塾の教務部長 中森泰樹氏監修のもと、武田塾が目指す逆転合格のために科目ごとの「正しい学習法」を追求した学習参考書シリーズ。

学習レベル、構成、内容、紙面デザインなどにこだわり、各科目の内容が身につきやすいように作成されている。

『古典文法 スピード・インプット』

  • 著者:佐藤総一郎(学びエイド、河合塾講師)
  • 刊行日:2020年3月24日
  • 定価:1,200円+税
  • 体裁:A5判 2色刷(一部フルカラー)

『世界史用語 マルチ・トレーニング』

  • 著者:鈴木悠介(学びエイド講師)
  • 刊行日:2020年3月24日
  • 定価:1,400円+税
  • 体裁:A5判 2色刷

今後も、旺文社は旺文社ベンチャーズを通じて、単に資金提供するだけでなく、旺文社や提携・関連企業が長年培ってきた教育分野に関するノウハウ、参考書など膨大な学習コンテンツ、学習プラットフォーム、チャネルを活用し、投資先と“共に育む”事業を推進していく。