ラストマイルワークス、VR空間共有プラットフォーム「comony」β版をリリース

企業向けにCGやVR制作サービスを提供しているラストマイルワークス株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:小林雄 以下、ラストマイルワークス)は、誰もが空間や体験を共有できる社会を目指してVR空間共有プラットフォーム、comonyβ版(コモニー、以下comony)をリリースしたことを発表した。

企業向けにCGやVR制作サービスを提供しているラストマイルワークスはいつでも、どこでも、誰とでも空間や体験を共有できるVR空間共有プラットフォームcomonyの提供を開始。

VRを自社の事業に取り入れたい企業や、クリエイターやアーティスト向けに、VRデバイス(Oculus Rift/Oculus Rift S)、PC(windows/Mac)用のサービスを展開していく。※その他の主要デバイスには随時対応。

ビジネスで導入されているVRはパノラマ画像やパノラマ動画を利用したものがほとんどだった。

しかし、パノラマコンテンツの場合は、気軽に利用できる反面、没入感やインタラクティブ性が低く、VR空間内で能動的なコミュニケーションを取ることができない。

一方で、3Dモデリングを伴うVR開発の場合は、開発コストが高くなってしまい、費用対効果が出にくい現状がある。

そこで、comonyでは3Dデータを利用しながらも、独自のクラウド型開発手法を取り入れることで、リッチなVR体験を従来の1/2のコストで開発できる環境を提供していく。

クリエイター向けサービス「VR空間共有プラットフォーム」について

専用のSDKで簡単にcomony上に空間をアップロードすることができる。

CGで設計した建物やクリエイターによるVR空間などをcomonyにアップロードすることで、世界中の人と作品を共有することが可能。

費用

無料

※クリエイターの登録や、空間のアップロードは現在一部のみ可能となっている。興味がある人は問合せフォームより連絡。

法人向けサービスクラウド型VR開発プラットフォームについて

独自のクラウド型の開発手法を用いることで、企画-開発‐運用までワンストップでVRコラボレーションアプリを開発することが可能。

不動産や教育、企業の社内研修、歴史的建造物のデジタルアーカイブ等、様々な業界で利用できる。

アプリ事例

VR内見アプリ、VR観光アプリ、VR研修アプリ、VR住宅展示場、VR会議アプリ、VRイベントアプリ、VRギャラリーアプリ等

主な特徴

  1. スピード開発:独自のクラウド型の開発をおこなうことで、開発コストと期間を従来の1/2にし、気軽なVR開発を推進。
  2. 豊富な機能:アバター同士でのコミュニケーションや、公開制限、シミュレーション機能等パノラマVRでは決してできない機能を標準で実装。
  3. コンテンツ管理/利用分析:ウェブ上でコンテンツを一元管理し、空間の利用分析をおこなうことで、マーケティングに活用できる。
  4. 自動アップデート:クラウドを利用しているため、常に最新の環境にアップデート。保守やメンテナンスの手間がかからない。
  5. ディープリンク機能:企業のウェブサイトやサービスサイトにcomonyボタンを埋め込むことができ、簡単にVR空間への導線をつくれる。
  6. モデル制作サポート:過去4年間のVR開発実績のあるチームがVR開発に必要不可欠な3Dモデリング業務を強力サポート。

費用

  • 初期費用:30万円(税別)~
  • 月額費用:無料

※2020年5月11日よりコロナ禍でのテレワーク支援のため、月額費用無料にて提供を開始しているが状況により変更になる場合あり。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。