AI搭載型IP電話「ミーテル」提供のレブコム、シリーズA資金調達のファーストクローズを8億円で完了

株式会社RevComm(本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史 以下、レブコム)は、WiL, LLC(米国カリフォルニア州、Co-Founder CEO:伊佐山 元 以下、WiL)が運営するWiL Fund II, L.P.をリード投資家として、シリーズA資金調達のファーストクローズを8億円で完了したことを発表した。

シリーズAラウンドに先立ち、新株予約権での投資を実施していた、PERSOL INNOVATION FUND合同会社、エン・ジャパン株式会社、株式会社ブイキューブもレブコムの株主に加わることとなる。

今回調達した資金は、新サービス開発および更なるサービス品質向上ための研究開発、海外進出、組織基盤強化の事業投資に充当する方針。

レブコムの資金調達の背景と概要

レブコムは「新たなコミュニケーションの在り方を創造し、世界に変革をもたらす」というミッションを掲げ、AI×Voice×Cloudのソフトウェア/データベース開発を行っている。

法人向けサービス第一弾として、電話営業を可視化するAI搭載型クラウドIP電話「MiiTel(以下、ミーテル)」を提供。

ミーテルは通話内容をAIがリアルタイムで解析し定量的にフィードバック、全文文字起こしされるので生産性が飛躍的に向上する。

固定電話不要のIP電話で、活動内容が簡単に把握できるためリモートワーク環境にも適しており、商談化率・成約率を上げ、解約率と教育コストの低下に繋げる。

自ら学ぶセルフコーチングツールとしての教育目的やコンプライアンス目的など幅広く活用されており、提供開始約1年半で7,000ユーザーが利用している。

今回調達した資金を活用し、ミーテルの更なるサービス品質向上を図るほか、ミーテルにつづく次なる新サービスの研究開発、海外進出に向けた調査、組織基盤の強化のために幅広く充当する方針。

引受先からのコメント

WiL パートナー 久保田雅也氏

顧客接点の最前線でありながら、営業にはムダや非効率が放置されていました。MiiTelは電話営業での会話を企業の資産に変える、デジタルトランスフォーメーションの切り札と思います。リモートワーク環境で一層求められるであろう、RevCommのソリューションに今後も期待しています。

エン・ジャパン株式会社 代表取締役社長 鈴木孝二氏

営業現場はテクノロジーによる進歩の余地があると感じています。今回の出資を通じて「MiiTel(ミーテル)」のようなセールステック分野のプロダクトサービスを活用し、営業現場の効率的かつ効果的な変革に期待しています。また、当社の事業との連携も大いに期待しています。当社が掲げる「入社後活躍」の実現に向け、レブコムが持つ人工知能×音声の技術を活用していきたいと考えています。レブコムへも当社の保有する営業や人的リソースを通じて支援行ない、両社の事業成長につながるよう連携を図ってまいります。

PERSOL INNOVATION FUND合同会社 代表パートナー 加藤丈幸氏

MiiTelは、非常に重要なポジションにもかかわらず、経験や勘や個人技で語られることが多く、ノウハウがブラックボックスになりがちだった「営業職」に変革をもたらすことのできるサービスです。AIによる営業トークの可視化技術で営業職の生産性の向上で多くの実績を上げています。加えて、昨今のCOVID-19 の流行で対応が急務となっている「在宅でも電話営業」にも対応しており、2020年以降の営業職の働き方改革の中心を担えるサービスと確信しています。

株式会社ブイキューブ 代表取締役社長 間下直晃氏

レブコムが持つ優れた音声×人工知能の技術と、当社の映像コミュニケーション技術を組み合わせることで、コロナ時代の在宅やリモート環境下でも、生産性を高めながら営業活動が行えるサービスの提供が実現可能になると考えています。当社が掲げる「evenな社会の実現」の実現に向けて、サービスや技術だけでなく、販売チャネルを組み合わせながら、両社の事業成長につながるよう更なる連携を図ってまいります。

ミーテルについて

通話内容を可視化するAI搭載型IP電話。

ミーテルは電話営業や顧客対応を録音解析し「担当者が何をどのように話したか分からない」「成約失注の理由が分からない」といった電話業務における『ブラックボックス問題』を解消する。

ミーテルを導入することで、通話における会話速度や顧客との会話のラリー回数、会話の被せ率等可視化されるほか、自動での議事録作成が行われる結果、担当者自らが会話を振り返るようになり成約率が上がり、解約率や教育コストが低減するほか、従来の固定電話機が不要となるため、通信料やハードウェアコストの削減にも寄与する。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。