Loohcs高等学院、学長の伊勢谷友介氏を発起人として高校生に最高のオンライン学習機会を提供する 「#学びを止めるな」プロジェクトを開始

Loohcs株式会社(東京都渋谷区 代表:斎木陽平、嶺井祐輝)は、2019年に「すベての人を主人公に」というビジョンのもと、Loohcs高等学院を開校。

今回、Loohcs高等学院の学長を務める伊勢谷友介氏を発起人として、新型コロナウイルスによって拡大する教育格差問題の解決するべく『全国の高校生100人に最高のオンライン学習機会を提供する「#学びを止めるな」プロジェクト』と題したクラウドファンディングを開始することを発表した。

また、Loohcs高等学院の経営戦略アドバイザーとして、元マッキンゼーパートナーであり東京大学講師の山梨広一氏、および起業家・FiNC創業者の溝口勇児氏が就任したことを発表した。

「#学びを止めるな」プロジェクトは経済環境が厳しい高校生に、起業家教育で全米トップクラスのバブソン大学山川恭弘教授や元マッキンゼーシニアパートナーでイオン株式会社専務執行役などを務めた山梨広一氏、またハーバード大学公衆衛生大学院を修了し、現在予防医学研究者の第一人者である石川善樹氏らによるオンラインゼミ1年分の学費を無償提供するもの。

オンライン授業の受講に必要なPCとWi-Fiを提供する費用をクラウドファンディングで募る。

「#学びをとめるな」プロジェクトの概要

オンラインだから実現できた、世界トップクラスの教育機会。

世界各国の一流大学で教鞭を執った経験や、専門性を活かした講演等の実績を多数もつ最高峰の特任教授陣が週1回の授業を担当する。

設立背景

今、日本の教育は、新型コロナウイルスによる大きな混乱の只中にある。

欧米ではオンライン授業への移行が公立・私立に関わらず一斉にスタートしたが、日本の公立学校でオンライン授業を開始できたのはわずか5%。

日本でオンラインの授業が受けられるのは、先進的な私立の学校や、塾に通える子どもたちだけあり、結果、経済格差がそのまま教育格差に繋がっている。

今回の「#学びを止めるな」プロジェクトは、そんな逆境に負けず、挑戦する意志をもった高校生にオンラインで最高クラスの授業を提供する。

起業家教育で全米トップクラスのバブソン大学准教授 山川恭弘氏や元マッキンゼーシニアパートナーでイオン株式会社専務執行役などを務めた山梨広一氏、またハーバード大学公衆衛生大学院を修了し、企業との共同研究や講演実績が多数ある石川善樹氏、Yahoo!アカデミア学長を務めグロービス経営大学院での指導経験がある伊藤羊一氏、幸福学・Well-being研究の権威、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究 教授・研究員の前野隆司・マドカ夫妻、一般社団法人「Marriage For All Japan(MFAJ) – 結婚の自由をすべての人に」理事 柳沢正和氏、起業家・FiNC創業者の溝口勇児氏らが特任教授に就任し、オンライン授業を行う。

特任教授は今後もさらに追加予定。

尚、今回元マッキンゼーシニアパートナーの山梨広一氏と、起業家・FiNC創業者の溝口勇児氏は経営戦略アドバイザーとしても就任。

また、クラウドファンディングで集めた資金で、オンライン授業を受講する環境を整えるためのPCおよびWi-Fiをセットで届ける。

Loohcs 高等学院学長 伊勢谷友介について

経歴

東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。

1998年映画『ワンダフルライフ』(是枝裕和監督)で俳優デビュー。2003年初監督作品『カクト』が公開。

2009年地球環境や社会環境を見つめ直し、未来における生活を新たなビジネスモデルで創造する株式会社リバースプロジェクトを設立。制服のエシカル化を目指す『全日本制服委員会』などを展開。

『SDGs未来都市』に選ばれた富山県南砺市のプロジェクトにも参画している。社会で活躍するための哲学とスキルを友と共に磨く場として設立された「Loohcs(ルークス高等学院)」の学長を務めるなど、俳優以外にも様々な顔を持つ。

Loohcs 高等学院学長 伊勢谷友介氏のコメント

時代や状況がどんな状態でも、私達が人類の存続を望むなら「個人の成長」がその希望です。時代は「賢い一握りの人」の手から、「賢い個人の手」に委ねられつつあります。そして個人には「社会の改善の為に何が出来るのか?」。仕組みを変える。消費を変える。インフラを変える。大いなるイノベーションは、個人から始まる時代になっていきます。そして個人の成長を考える時『教育』はその要です。

今やコロナ時代。コロナ以降においても、成長を望む個人には、教育を提供する事が、今社会を司る大人の役目とも言えると思います。そして、これは『教育の転換期』とも言えます。オンラインにより、場所を問わず教育を平等に受けられる機会を作る。

現代の「あしながおじさん」になってください。理想の社会への一歩を作るチャレンジにご協力お願いいたします!

特徴

  1. 世界の第一線で活躍する特任教授との対話が、高校生に「志を持って生きる力」を育む
  2. ゼミを担当する特任教授の「専門性」や「スキル」を身につけ「自分らしく生きる力」を育む
  3. 全国からオンラインで集う高校生と切磋琢磨し、生涯に渡る「つながり」「交友関係」を育む

スケジュール

第1期受入スケジュール

  • 2020年6月〜2020年8月:Loochsゼミ公開体験授業 / 第1期支援対象者 募集・選定
  • 2020年8月下旬:第1期支援対象者決定
  • 2020年9月:Loohcs特任教授ゼミ受入
  • 2021年8月:第1期生「学びの成果発表会」

第2期受入スケジュール

  • 2020年9月〜2020年12月:Loochsゼミ公開体験授業 / 第2期支援対象者 募集・選定
  • 2020年12月下旬:第2期支援対象者決定
  • 2021年1月:Loohcs特任教授ゼミ受入
  • 2021年12月:第2期生「学びの成果発表会」

第3期受入スケジュール

  • 2021年1月〜2021年3月:Loochsゼミ公開体験授業 / 第3期支援対象者 募集・選定
  • 2021年3月下旬:第3期支援対象者決定
  • 2021年4月:Loohcs特任教授ゼミ受入
  • 2022年3月:第3期生「学びの成果発表会」

提供PC・Wifiについて

  • 「#学びを止めるな」プロジェクトクラウドファンディングで資金を集め、高校生にパソコンとWi-fiを貸与(ゼミ修了後は寄贈)。
  • 目標金額の達成可否に関わらず、集まった資金分の学生に上記を提供する。
  • 配布するパソコンは Windows PC・リユースのMacbook Air / Pro から選択可能。
  • 配布するPC、Wi-fiについては支援対象者に貸与し、ゼミ修了後には支援対象者に寄贈される。

支援対象者の選定について

対象者

  • 15歳〜18歳(高校に通ってなくてもOK) ※特任教授のゼミは中学生も受講可能だが、PC/Wi-fiの配布は高校生を対象となる。
  • 写真や名前をWEB上で掲載可能な人
  • 20歳以上の人の推薦文をもらえる人(保護者、ご親戚、先生、支援者、近所の人など誰でもOK、応募時に必要)
  • 学びを通じて逆境を克服し、将来、よりよい社会を創ることに貢献したい意志がある人

リーディングスキルテストにより、オンライン授業への対応力を確認する。

募集と審査について

6月初旬-8月初旬(1期募集)・9月初旬-12月初旬(2期募集)・1月初旬-3月初旬(3期募集)の3回に分けて行われる。

審査はLoohcs高等学院の学長・伊勢谷友介氏および、代表の斎木陽平氏・嶺井祐輝氏で行う。