ブロックチェーン証明スタートアップ「LasTrust」、シードラウンドにて総額約3,000万円の資金調達を実施

「見えざる個人の価値を可視化する」をビジョンに活動するブロックチェーン証明スタートアップ「LasTrust株式会社」(本社:東京都文京区、代表取締役:圷 健太)は、East Ventures、01Booster、スカイライト・コンサルティング社からの第三者割当増資、及び日本政策金融公庫からの融資により総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表した。

資金調達の概要

今回の調達ラウンドはシードラウンドとなり、資金はブロックチェーン証明SaaS「CloudCerts(クラウドサーツ)」のアップデートと人材採用、マーケティングへ配分し、CloudCertsのSaaSとしての利便性向上のために使用し、より多くの企業や教育機関へ価値提供できるよう、努めていく。

引受先からのコメント

East Ventures社

圷さん、髙橋さんとは何度かお話をさせていただき、ブロックチェーン技術を用いたサービスの中で、LasTrustが提供する「証明書」という切り口は面白いなと感じましたが、これを足がかりに世の中にもっと大きな価値を築いていってくれると信じて応援させていただくことに決めました。

昨今の世界の状況を鑑みると、世の中が一気にデジタル化する大きなターニングポイントに立っていると思います。そんな中でLasTrustが大きな存在感を放っていってくれることを期待しています。

Skylight Consulting社

ブロックチェーンの持つ可能性は非常に高いと常々認識していた一方で、実ビジネスに利用できるソリューションはまだ少ないと考えていました。LasTrustの提供するサービスは、ブロックチェーンの持つ特性を活かしたデジタル証明書のビジネスで、多方面での活用が期待されます。

ご出資させていただく機会を頂きまして、ありがとうございます。これからの成長を期待しています。

01Booster社

株式会社01Boosterは「日本を事業創造できる国にして世界を変える」をMissionとして、コーポレートアクセラレータープログラムを中心に数多くのスタートアップの支援をしております。

今回、「「CloudCerts®(クラウドサーツ)」で、あらゆる紙の証明書をデジタル化し、より滑らかな世界の実現」というミッションに共感し、日本全国そして世界へと展開していくための資金を支援させていただきます。加えて、01Boosterが持つ大企業ネットワークやメンターネットワークを最大限活用できる環境を合わせて提供し、成長を加速できるようサポートしていきます。

CloudCertsについて

ブロックチェーンの暗号技術を利用し、あらゆる紙の証明書、資格、学習履歴(スタディログ)、契約書、覚書等の原本をデジタル化できるSaaS。

ユーザーはCloudCertsから出力されたブロックチェーン証明書をオープンスタンダードの無料アプリまたはウェブブラウザ上で保管・表示でき、ワンタップでブロックチェーンにアクセスし、内容の検証ができる画期的な「証明」機能を持っている。

また、従来は証明書に関するデータをサーバで管理・運用し続ける必要がありコストがかかっていたが、ブロックチェーンは自律分散型のネットワークのため、そこにデータを記録することで、出口の見えない管理業務から開放されるメリットもある。