すららネット、2020年12月期第1四半期決算。売上高3.1億円(対前年比+18.8%)、営業利益0.8億円

株式会社すららネットは4月30日、2020年12月期第1四半期決算短信を発表した。

売上高は3.1億円(対前年比+18.8%)、営業利益は0.8億円、経常利益は0.9億円、純利益は0.6億円。

利益率は、営業利益率25.0%、経常利益率27.6%だった。

対象マーケット別の売上高は以下の通り。

  • 学習塾マーケット:1.6億円(対前年比+8.9%)
  • 学校マーケット:0.9億円(対前年比+12.7%)
  • 個人学習者向けのBtoCマーケット:0.6億円(対前年比+81.1%)

伸び率の大きいBtoCマーケットはコロナウイルス感染症拡大による自宅学習の増加と昨今社会問題として注目されつつある不登校に関する問い合わせの増加によりID数が増加傾向で、売上は堅調に推移。

すららネット全体の当期末時点における「すらら」導入校数は1,216校(対前年比+160校)、利用ID数は70,242ID(対前年比+275ID)となった。

2020年12月期の連結業績予想に修正はなく、売上高13.6億円(対前年比+19.5%)、営業利益1.5億円(対前年比+136.2%)、経常利益1.7億円(対前年比+161.7%)、純利益1.1億円(対前年比+160.3%)を見込んでいる。