岐阜聖徳学園大学、オンラインで教員採用試験の面接指導を実施

新型コロナウイルスの感染拡大により、学生の学内立ち入りが禁止されているなか、岐阜聖徳学園大学では様々な対策をスタートしている。

その一つが4月20日から行われているオンラインでの教員採用試験の面接指導。

学生は自宅からの参加で、対面での面接指導と同様に正装で臨み、面接官からの質問に答えた。

ひとグループ90分の指導時間。面接官からは教員の志望動機をはじめ、自分の長所、一番大切にしたい教育法規と自分の教育観など幅広い問いかけがあった。

次々に様々な視点からの質問がされたが、緊張しながらも明確に自分の考えを答えていく。

指導にあたった面接官からは、子どもの姿と自分の教育観、教師としての力、教材と子どもなどについて踏み込んだ指導が重ねられ、画面越しの指導ながらもスームズな進行。

面接指導を受ける中で単に面接の仕方を学ぶのではなく、教師としての自分が今後さらに何を学んでいかなければならないか考える時間にもなった。

学生同士で話し方や内容についてのアドバイスする時間もあり、充実した時間になったという。