LITALICO、発達が気になる子どもの保護者向けの会員制オンラインサービス「LITALICO発達ナビPLUS」を開始

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)の子会社である株式会社LITALICOメディア&ソリューションズが運営する「LITALICO発達ナビ」は、発達が気になる子どもの保護者向け会員制オンラインサービス「LITALICO発達ナビPLUS(プラス)」を5月15日(金)より提供開始することを発表した。

先駆けて4月30日(木)より一部サービスを開放し、早割キャンペーンを実施する。

今年4周年を迎えた「LITALICO発達ナビ」は発達障害の基礎知識に関する情報の発信や、ダイアリーやQ&A機能によりユーザー同士のコミュニティとしての場づくりを行ってきた。

今回は、発達ナビ会員とコンテンツの提供者である「LITALICO発達ナビ」が双方向にコミュニケーションを取れるオンラインサービスを立ち上げることで、発達が気になる保護者の前向きな一歩を手助けできるようにサービスを進化させていく。

「LITALICO発達ナビPLUS(プラス)」サービス概要

本サービスでは、保護者が発達障害や子育てについて学びを深められる専門家によるオンライン勉強会の受講やメールでの個別ケース相談、子どもの成長をサポートする豊富な特別支援教材などを利用できる。

サービス内容

発達が気になる子どもの保護者向けの会員制オンラインサービス

サービス開始日

2020年5月15日(金)

利用料

通常料金:初年度は1年プラン(12カ月間契約)。

初期コンテンツ利用料:¥29,800(税抜),月額料金¥2,980(税抜)×11ヶ月分

※初月は月額料金はかからない。1年経過後は、期間の定めがなくなる。

1. 発達の専門家によるオンライン勉強会

発達の専門家によるオンライン勉強会を受講できる。

臨床心理士、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などの専門家が週替わりで講師を務め、子どもの特性や行動をわかりやすく解説する。

Q&A機能により、参加者はチャットで質問することができる。また、配信した動画はアーカイブとして残るため、いつでも視聴することが可能。

勉強会の内容(一部)

  • サポートブック勉強会(未就学版・学齢期版)
  • STのコミュニケーションの土台づくり
  • OTの運動・身辺自立・着替え

2. メールで専門家への個別ケース相談

オンライン勉強会の講師を務める発達の専門家が、メールで個別の相談や質問に応える。

忙しい人でも空き時間を使って、それぞれの家庭の個別ケースについて専門家に相談できる。

相談内容の例

  • 保護者自身のストレス
  • 子どもとの関係性への悩み
  • 癇癪、他害、自傷行為
  • 身体や運動能力の発達
  • 性に関する困りごと
  • 小学校・中学校・高校などの進学先

3.動画で学べる「子育てのヒント」

ペアレントトレーニングのエッセンスを子育てのヒントとして活かせる動画を視聴できる。

ペアレントトレーニングとは、保護者が子どもとのより良い関わり方を学びながら、日常の子育ての困りごとを解消し、楽しく子育てができるよう支援する保護者向けのプログラム。

このプログラムは、発達に課題がある子どもの育児に好影響を及ぼすことが科学的にも認められている。

4.支援のプロも活用!特別支援の教材を提供

LITALICO発達ナビでは、放課後等デイサービス事業所や児童発達支援事業所などの福祉施設に向けて、特別支援教材を提供している。

その特別支援教材の中から自宅でも活用できるようにアレンジした教材約7,000点を利用することができる。

見通しカードや声のものさしなど、発達障害のある子どもの生活・学習サポートのマストアイテムから、中高生向けのセルフセルフサポートやストレスコーピングなどのプログラム教材まで提供する。

本サービスの講師等を務める発達の専門家(一部)

菅佐原洋(すがさわら・ひろし)

公認心理師/臨床心理士/臨床発達心理士。LITALICOジュニア チーフスーパーバイザー。

発達心理学や応用行動分析学を専門とし、発達障害のある子どもへの直接支援、幼・小・中学校教職員への特別支援アドバイザー、教育センター等での研修などに20年以上携わっている。

また大学教員として、臨床心理士育成などに関わっており、現職においても支援に関わる指導員への研修やスーパーバイザーの育成の統括を担当している。博士(心理学)。

高畑 脩平(たかはた・しゅうへい)

作業療法士。

総合リハビリテーションセンターでの支援、白鳳短期大学講師等を経て、現在はNPO法人はびりす 理事、 藍野大学助教等をつとめる。

編著に『子ども理解からはじめる感覚統合遊び』(クリエイツ・かもがわ) 、『 みんなでつなぐ読み書き支援プログラム』(クリエイツ・かもがわ)他多数。 NHK育児情報番組『まいにちスクスク』の「体の使い方が器用になる遊び」監修。

早期割引キャンペーン

2020年4月30日(木)~5月15日(金)までの間に申込むと早期割引が適用され、初期コンテンツ利用料(29,800円)が¥2,980(税抜)となり、4・5月の月額料金も無料となる。

※5月15日(金)の正式リリースまでは、オンライン勉強会の申込及び受講、メールで個別ケース相談、デモ版特別支援教材などが利用できる。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。