AR機能でスマホをかざすと木星が浮かぶ「JUPITER ARノートブック」専用アプリをアップデート

株式会社Gloture(本社:東京都港区、代表取締役:CHEN JUNYI)は、自社ECサイトで販売中のカルマン渦が織りなす模様が美しい「JUPITER ARノートブック」の専用アプリをアップデートしたことを発表した。

これにより、各種不具合を修正し、パフォーマンスが向上した。

「JUPITER ARノートブック」概要

圧倒的なスケールのマーブリング模様をハードカバー化。科学的にも、アートとしても美しいJUPITER ARノートブック

AstroRealityが誇るスマートフォンアプリのAR(拡張現実)技術によって、目の前に宇宙が浮かぶ。

アートの世界では水面に絵の具を垂らして筆でなぞることで複雑な模様を生み出すマーブリングと呼ばれる技法がある。

この技法は古くから本の表紙の装飾として用いられてきた。また、マーブリング技法が生み出す複雑な渦模様はカルマン渦とも呼ばれ、川の流れや雲の動きなど自然界にも同様の現象が見られる。

宇宙に目を向けると、木星では極めて大規模なカルマン渦が発生し、木星ならではの独特な模様を織りなしている。

特徴

宇宙の壮大さを実感するノートブック

JUPITER ARノートブックは木星の高精度な画像データをエンボス加工している。

画像右に位置する一際大きな楕円状の渦を「大赤斑」と呼ぶが、この渦は地球2、3個分に匹敵するとされており、途方もないスケールである。

ギリシャ神話の天空神ゼウスから始まるAR体験

AstroRealityが誇るAR(拡張現実)技術によって、天空神ゼウスが木星に変身。

この仮想的な木星はスマートフォンでインタラクティブに操作ができ、木星に関するあらゆる情報を学び、探検することが出来る。

イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストも登場

木星を周回する4つの衛星もAR技術によって眼の前に浮かび、様々な発見をスマートフォンを通じて体験することができる。

リアルな木星が目の前に

AstroRealityのARアプリは豊富なコンテンツが特徴。極めて細かいディテールで木星の表面や構造を確認することが出来る。

ノートブックとしても高い品質

ノートブックとしても品質の高い製品で、AstroRealityはノートの品質・デザインにこだわり、サステナビリティや環境負荷にも考慮した設計となっている。

白紙と方眼紙176ページ

厚さ100gsm、中性紙

170 mm×120 mmで持ち運びしやすい大きさ

黒いリボン状のしおり付き

裏表紙にフォルダ付き

販売価格

4,200円(税別)


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。