駿台予備学校、7月中旬まで対面授業を休講し全生徒にatama+を活用したオンライン授業を提供

新型コロナウイルス感染拡大の長期化を見込み、atama plus株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:稲田 大輔、以下「atama plus」)と学校法人駿河台学園(本部:東京都千代田区、理事長:山﨑良子、以下「駿台」)は、今後大幅な状況改善が見られない限り、前期・1学期(2020年7月中旬まで)の間「駿台予備学校」の全校舎の対面授業を休講すること、および同期間中、atama plusが提供する「atama+ Web版」を活用したオンライン授業を、駿台予備学校に通う高校生・既卒生の全生徒に提供することを発表した。

atama plusでは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、生徒が自宅でも学びを継続できるatama+Web版を2020年2月25日より提供開始。

4月24日時点ではatama+を導入する全国の塾・予備校のおよそ7割にあたる1300教室以上で、atama+Web版を使ったオンライン授業が開かれている。

2019年9月に業務提携をしたatama plusと駿台は、2020年4月より駿台予備学校の一部講座でatama+ Web版を使ったオンライン授業を開始していた。

今回、新型コロナウイルスの影響長期化を見込み、駿台は駿台予備学校の全校舎の対面授業について前期・1学期(2020年7月中旬まで)の間の休講を決定。

それに伴い、駿台予備学校に通う高校生・既卒生の全生徒を対象に、5月7日よりatama+ Web版を活用したオンライン授業を提供する。

生徒は自宅のPC・タブレット・スマートフォンなどからatama+ Web版を利用し、一人ひとりの理解度に応じてAIが個々人に作成した教材で、英語、数学、物理、化学の学習を進める。

あわせて、駿台のコーチングの専門家「学習コーチ」が、講師向けプロダクト「atama+ COACH」で生徒の学習状況をリアルタイムに把握し、チャットで双方向にコミュニケーションをとることで、生徒の学習を支援する。

atama+ Web版と学習コーチの組み合わせにより、生徒は対面授業と同等のサポートを受けながら、効率的に学習を進めることが可能となる。

atama plusは、生徒の「基礎学力」の習得にかかる時間を減らし、「社会でいきる力」を養う時間を増やすことを目指して、AI教材を提供してきた。駿台は創立以来、生徒一人ひとりの学習状況に応じたきめ細かな指導にこだわってきた。

両者の強みを活かすことで、自宅学習を余儀なくされる生徒たちへ、対面での授業と勝るとも劣らない学習環境を提供できるものと確信しているという。

atama plusと駿台は、今回の逆境を糧に教育の新しいカタチを模索しつつ、教育界におけるお互いの役割を真摯に果たしていく。