「Studyplus for School」とAI英会話アプリ「TerraTalk」が連携、「TerraTalk」導入校への「Studyplus for School」無償提供を開始

スタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志)が提供する、デジタル教材の学習データを集約する「Studyplus for School SYNC(シンク)」は、ジョイズ株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役:柿原 祥之 )が提供するAI英会話アプリ「TerraTalk」と提携を決定したことを発表した。

提携開始は、2020年中を予定している。

また、新型コロナウイルスの感染拡大による、教育業界でのオンライン指導の重要性の高まりを鑑み、「TerraTalk」を導入する教育・研修機関に「Studyplus for School」を5月から8月末まで無償提供する取り組みを、二社協同で開始する。

「Studyplus for School SYNC」と AI英会話アプリ「TerraTalk」の連携概要

背景

現在、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、多くの教育機関が休校・閉講を余儀なくされ、「オンライン」での指導体制の整備を進めている。

特に英語4技能の指導については、今までネイティブスピーカーによる対面の授業で対応していた場合も多く、今の情勢ではそれらが難しくなっている。

AI英会話アプリ「TerraTalk」は、音声認識によるスピーキング演習機能や、定着度に合わせて出題頻度を調節する仕組みがあるため、先生やクラスメイトと同じ教室にいない時でも、英語の学習に必要不可欠な実践を、効果的に行うことができる。

生徒が会話した内容は、先生が個別にチェックすることもでき、評価や成績に活用することも可能。

TerraTalkはこれまで、大阪大学をはじめ、全国の教育機関で導入が進んでおり、累計12万人のユーザーを獲得している。

一方で、デジタル教材を生徒に与えるだけでは定着も難しく、適切な学習管理や生徒とのコミュニケーションが重要になってくる。

そこで、AI英会話アプリ「TerraTalk」と学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」が提携することで、オンラインにおいても滞りなく指導を行うとともに、リアルタイムでの学習管理と適切なコミュニケーションを実現させるために、今回の提携が決定した。

内容

今回の「TerraTalk」との連携によって、「TerraTalk」アプリでの学習履歴が自動で「Studyplus for School」に記録されるようになる。

また、生徒が学習管理SNS「Studyplus」を用いて自宅学習を含め学習進捗を記録することにより、先生は生徒の学習状況を容易に把握することができる。

さらに、生徒の学習計画の達成状況の管理や、計画へのアドバイス・修正なども、オンラインで出来るようになる。

これによって、「TerraTalk」導入校の先生の学習管理業務の負担が軽減されるとともに、先生がオンラインでの指導やコミュニケーションをより効果的に実現できるようになる。

今回発表した提携に基づくデータ連携の開始は、2020年中を予定している。

「TerraTalk」を導入する教育機関への「Studyplus for School」無償提供

今回の提携は、学習データの連携により、「Studyplus for School」及び「TerraTalk」双方の顧客の利便性を高める目的で検討を進めてきた。

その中で、新型コロナウイルスの急速な感染拡大、教育現場への甚大な影響を鑑み、急遽、両社による共同負担の形で「Studyplus for School」の無償提供を5月から8月末まで行うことを決定。