トランスコスモス、学校と家庭をLINEで繋ぐ「LINEで連絡帳」を提供開始

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)とtranscosmos online communications株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:貝塚 洋)は、学校と家庭(生徒・保護者)がLINEで必要な情報を連絡可能な「LINEで連絡帳」を提供開始することを発表した。

「LINEで連絡帳」概要

「LINEで連絡帳」は、学校と家庭(生徒・保護者)が学校生活に必要な情報をLINEを通じて双方向で連絡可能な仕組み。

学校からは、全校・学年別・学級別で生徒・保護者へ連絡事項をLINEのメッセージで配信可能となり、生徒・保護者からは、出欠連絡や宿題レポート提出等をLINEで行える。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で2020年3月2日から全国の小中学校、高校、特別支援学校に対して臨時休校の要請が行われ全国の学校が休校となり、4月以降も政府の緊急事態宣言を受け、全国の多くの学校で臨時休校が続いている中、子供たちの「学びの保障」が重要になっています。文部科学省は臨時休校期間における学習支援コンテンツポータルサイト「子供の学び応援サイト」を開設する等、オンライン教材の活用も進む中、文部科学省から4月7日に公表された「文部科学省 緊急経済対策パッケージ」では「同時双方向での学習成果の確認や健康観察を実施することにより、学校・教師と子供たち・家庭のつながりを維持」する事が掲げられている。

トランスコスモスとtranscosmos online communicationsは、これまでLINEを活用した「いじめ相談」等のSNSカウンセリング事業を多くの地方自治体や教育委員会と実施してきた経験から、学校と家庭を繋ぐプラットフォームとしてLINEを活用する「LINEで連絡帳」を提供開始。

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)が2020年3月6日に発表した、LINE公式アカウントの利用料が2021年3月末まで無料となる「学校プラン」に対応。

「LINEで連絡帳」は、transcosmos online communicationsが開発・提供するLINEを活用したカスタマーサポートツール「KANAMETO(カナメト)」を利用して実現している。

「KANAMETO」とは

「KANAMETO」は、トランスコスモスとLINE株式会社、株式会社セールスフォース・ドットコムの合弁会社であるtranscosmos online communications株式会社が開発・提供する、LINEを活用したカスタマーサポートツール。

チャットボット機能を備え、複数のLINEユーザと同時に行うチャットコミュニケーションはもちろん、アンケート機能も備え属性にあわせたセグメント配信を行うことが可能。

2019年10月より、Salesforce Service Cloudとの連携機能も備わり、カスタマーサポート状況の可視化や生産性向上のための分析が容易になった。

LINEでのマーケティングからサポートまで、自治体や企業と消費者のコミュニケーションを支援している。

※記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。