スクーミー、自分たちの地域を自分たちで守り応援する「アクトマッププロジェクト」を開始

誰でも、プログラミングやアプリ開発、テクノロジーに親しむことができ、活用していきながら学ぶことができるIT教育の学習教材ブランド「スクーミー」は、ブランドが目指す『子どもたちがITで地域活性化をし、地域社会にインパクトを与える』を実現する第1弾として、自分たちの地域を自分たちでコロナから守り、地域を応援するアクトマッププロジェクトを開始することを発表した。

「アクトマッププロジェクト」概要

プロジェクトの背景

このプロジェクトは、自分たちの地域を自分たちでコロナウイルスから守ることを目的としており、アプリ内で、『テイクアウトサービスを実施している飲食店』『休館している公共施設』『テレワーク実施や、コロナ対策をしている地域の企業』『地域内でコロナ対策をしている場所』の情報をマッピングする仕組みと『地域のコロナに関連するニュース』を紹介する仕組みを合わせたアプリをオンライン上で開発し、誰もが使える形で公開していく。

また、どんな仕組みがあったり、どう改良すれば、その地域で使いやすいかを考え開発していきながら、その地域に最適なコロナ対策アプリを作っていく。

合わせて、お店の経営を、小学校5年生までの知識で学ぶことのできる教材を公開、事業計画やマーケティング、新製品開発に関する内容も、ゲーム感覚で遊びながら考えることができる。

飲食店をはじめとする子どもたちの身近なお店がどうやって経営していきたのかを知るきっかけを作ると共に、地域ビジネスの活性化や、お店の経営などを考えるきっかけも作る。

誰でも参加することができるプロジェクトで、個人での開発、チームでの開発、学習塾単位での開発など様々な方法でチャレンジすることができる。

プロジェクト参加者は期間限定(4月27日〜5月31日)で全てのコンテンツを自由に利用することができる。

どんなことを行うか

このアプリは、子どもたちの学びの一貫で作成し、もっとこうなったら便利だという意見を参考に改良していく。

まずはじめに、『テイクアウトサービスを実施している飲食店』『休館している公共施設』『テレワーク実施や、コロナ対策をしている地域の企業』『地域内でコロナ対策をしている場所』の情報をマッピングする仕組みと『地域のコロナに関連するニュース』の情報をインターネットを活用し集め、アプリを公開。

この際に、アプリを誰でも投稿することができて情報を集めることができるプラットフォームアプリ型にするか、開発者しか情報を入力して公開することしかできない情報発信アプリ型にするか決める。

途中でアプリの開発ができなくなった場合は、プロジェクトの運営チームが引継ぐ。

開発したアプリを使ってもらっていく中で「なぜつくるのか」、「どうしたら使ってもらえるのか」、「使ってもらった結果どうだったか」、「もっとどうすればいいのか」を考え、仕組みに反映させていくことを行い、その地域にあった仕組みを作ることを目標にする。

誰もが、アプリデザインやものづくり、地域に関心を持てる仕組みのプロジェクトである。

地域ビジネスやお店の経営に関して考える教材のダウンロードも可能

小学校5年生までの算数を使って、お店の経営について考える学習教材「武器屋ムサシをもうけさせよ」のダウンロードも可能。

これは事業計画や、マーケティング、新製品開発に関する内容も、ゲーム感覚で遊びながら考えることのできる教材。

地域ビジネスの活性化や、お店の経営などを考えるきっかけを作る。

このプロジェクトはだれでも参加することができる。

アプリのデザインを考えるための教材「スクーミーデザインブック」と動画教材「MAKERS」、ACTMAPのアプリテンプレートは誰でも無料で使うことができる。

※同じ地域での同じアプリの開発を避けるために、アプリのテンプレートのダウンロードには運営側に連絡する必要がある。プロジェクト専用ページから問い合わせ。

事例紹介:山梨県(TAKEOUT yamanashi)

山梨県での事例は、Yahooニュースやスマートニュース、めざましテレビで公開された。

どんなアプリを開発したのかは専用ページで紹介している。

山梨県在中の小学生から高校生を中心に、TAKEOUT yamanashi飲食店応援プロジェクトを開始し、誰でも使えるアプリの運営・サポートを実施している。

その他にも多くの地域で同じ仕組みを活用して行われている。