ヒューマンリソシアのRPA導入支援サービス、利用企業数500社を突破

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:御旅屋 貢)の提供するRPA導入支援サービスの利用企業数(※)が、2020年3月末時点で、500社を突破したことを発表した。

※RPAライセンス提供やオンサイトサポート等、RPAの導入・運用・活用にかかわるRPAサービス利用企業数(有料公開研修受講は除く)。

ヒューマンリソシアがRPAを利用している企業に対して実施した緊急アンケートでは、7割超が新型コロナウイルス感染症拡大の状況下において「RPA活用の拡大が必要」と回答しており、在宅勤務や出社制限が続く中、RPAへの期待が高まっている。

ヒューマンリソシアとしては引き続き、企業の自動化・生産性向上を支援していくために、RPAサービスの提供を拡大していく。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション):ソフトウエア型ロボットによる業務自動化の取り組みのこと。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担う。

RPAを利用企業による緊急アンケート結果概要

今回、ヒューマンリソシアのRPA導入支援サービス利用企業数が、2017年10月のサービス開始以降、500社を突破。

ヒューマンリソシアのRPAサービスは、RPAソリューション「WinActor®」を活用し、定型的なPCによる事務業務の自動化を支援するサービス。

これからの働き方の変化を見据え、「Work Innovation」をミッションに、「人」とRPAをはじめとした「IT」を活用した新しい働き方を提案している。

RPAライセンスの販売にとどまらず、RPA担当者の育成、シナリオ作成サポート、全社展開ノウハウの提供など、包括的にRPAサービスを提供しており、RPA担当者育成研修の受講者は、延べ1,250社、8,700名に上る(2020年3月末時点)。

シナリオ:作業をフローチャート形式で手順化したもので、このフローチャート図をもとにRPAが自動化を実行する。

また、今回の新型コロナウイルス感染症拡大の状況下においては、在宅勤務への移行やオフィスへの出社制限などにより、企業活動への影響が広がっている。

参考:コロナ禍におけるRPA活用に関するアンケート結果

ヒューマンリソシアが実施した緊急アンケートでは、7割超の企業が、コロナ禍において「RPAの利用を拡大する」「RPAの利用拡大が必要だと思う場面が多く見られる」と回答しており、早急なRPA利用拡大が求められている。

ヒューマンリソシアとしては引き続き、RPAを活用した自動化・省力化支援サービスの提供に注力することで、企業の事業活動および生産性向上を支援していく。

アンケート調査概要

対象者

ヒューマンリソシアのRPAサービス利用企業(ライセンス利用中/トライアル利用中/研修受講含む)

調査方法

インターネット調査。新型コロナウイルス感染症が事業活動に影響をおよぼす状況下において、RPAの活用についての考えを選択式で回答。

実施期間

2020年4月10日~4月16日

回答数

178件 ※回答の構成比は小数第2位を四捨五入して算出しており、合計値は必ずしも100%とはならない。