Windows用音声創作ソフトウェア「CeVIO Creative Studio」教職員向け無償提供開始から2週間で3,000ライセンスを突破

株式会社テクノスピーチ(所在地:名古屋市千種区、代表取締役:大浦 圭一郎)は、参画しているCeVIOプロジェクトが提供するWindows用音声創作ソフトウェア「CeVIO Creative Studio」(チェビオ・クリエイティブ・スタジオ)が、無償提供開始からわずか2週間足らずで3,000ライセンス数を突破したことを発表した。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として発令された緊急事態宣言を受け、全国の学校の教職員の多くが授業動画等の電子教材の作成に追われている。

CeVIOプロジェクトはそのような状況の中、全国の大学・高校・中学校・小学校などの教職員を対象に、オンライン授業・オンデマンド授業のコンテンツ作成で利用可能な音声合成ソフトウェア「CeVIO Creative Studio」を、2020年4月10日から無償提供開始。

▶Windows用音声創作ソフトウェア「CeVIO Creative Studio」教職員向けに無償提供

現在、北海道から沖縄まで50以上の教育機関、全国3,000人以上の教職員に電子教材の作成等として利用されている。

CeVIOプロジェクトでは、現在の困難な状況下において、少しでも教育活動活性化の役に立てばとの思いから、引き続き全国の学校への無償提供を進めていく。

教職員の声の抜粋(一部要約)

  • 静かな環境を探して読み間違えないように吹き込みをするのは大変な負担だったので助かった。
  • 動画配信による生徒の学習支援を始めたところで、より効果的な電子教材を作ることができると思った。
  • 学生の在宅用教材を作成することとなり、学部教職員で活用したいと思った。
  • ユニークなソフト。おもしろい、結構使える。
  • 公印が不要で助かった。

新型コロナウイルス対策版「CeVIO Creative Studio」について

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として行われるオンライン授業・オンデマンド授業(動画投稿、動画配信、スライド添付等を含む)のためにのみ教職員が、6か月間(2020年9月30日まで)無料で利用できる。

「さとうささら」「すずきつづみ」「タカハシ」の3キャラクターの音声を利用可能。

提供先

一つの組織につき、最大100ライセンスを提供。

  • 日本国内における大学(大学院、短期大学を含む)、高等専門学校、高等学校、中等教育学校、中学校、小学校、および専修学校
  • 国および地方自治体で設立・管轄している大学校

注意事項

  • 上記利用期間中に作成した音声を含むコンテンツ(動画やスライド等)は期間が過ぎた後も、引き続き利用できる。ただし、上記利用期間外のソフトウェアの利用はできず別途ライセンスが必要になる。
  • 操作法等の質問はウェブ上のユーザーズガイドを参照すること。
  • 新型コロナウイルスの終息時期により提供を早期に終了、あるいは延長する場合がある。

申し込み方法

以下のウェブページの申込用紙に必要事項を記入、押印して株式会社テクノスピーチまで電子メールで送信。