ライフイズテック、オンラインで学べるディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」(1章-2章)を年齢制限なく無料開校

中学生・高校生向けのプログラミング教育事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、4月21日(火)より、ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学ぶことのできるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校 」(1章-2章)を全ての人を対象に約2週間(4/21-5/6)の間、無料で提供することを発表した。

3月4日より3月31日の間実施した小中高生および先生向け「テクノロジア魔法学校」の無料提供を実施しており、大人からも要望が多く寄せられたため、大人も含めた全員を対象に無料開校を実現。

ライフイズテックは自宅で自分のペースで楽しく始められるプログラミング学習教材で、新たに学ぶきっかけを提供し「おうち時間」を充実させる一助となればと考えている。

「テクノロジア魔法学校」(1章-2章) 無料開校の概要

「テクノロジア魔法学校」は『プログラミングは現代の魔法である』をテーマとして、魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーと、『リロ・アンド・スティッチ』『塔の上のラプンツェル』など8つのディズニー作品をテーマとしたレッスンを収録し、ロールプレイングゲームのように冒険の物語を進めながら、Webデザイン・ゲーム制作・メディアアートの3つのコースでプログラミングを基礎から学ぶことのできるオンライン教材。

提供サービス

「テクノロジア魔法学校」全7章のうち1章-2章の限定版

※製品版と異なり、ストーリーに沿った学習に必要な魔導書・謎解きアイテム・オリジナルポストカードは含まれない。

提供対象者

子どもから大人まで全ての人

申込受付期間

2020年4月21日(火)〜2020年5月6日(水)まで

利用期間

5月12日(火)まで

注意事項

  • 18歳未満の場合、保護者の同意を得た上で申し込むこと。
  • 対象年齢は12 歳以上(12 歳未満の方は保護者の助言・指導が必要)。小学4,5年生くらいからであれば自学も可能。
  • 緊急事態宣言発令などを受け、急遽の対応として行っているためサービス内の案内や動線が無料提供用に適したものになっていない可能性がある。