スクーミー、友達とオンラインでプログラミングを学べる通信教材「ヒーローズ」をリリースし期間限定で無料提供

誰でもプログラミングやアプリ開発、テクノロジーに親しみ、活用していきながら学ぶことができる学習教材のブランド「スクーミー」は、オンラインで行う通信教材のラインナップに期間限定で『友達と一緒に学ぶ』コースを設置し、無料体験・説明会の実施と、キャンペーンとして、4月20日〜5月末までの授業料を免除することを発表した。

『友達と一緒に学ぶ』コース開発の背景と概要

コロナウイルスの影響で、学校での学習ができず、自宅でのオンライン学習や、プリントなどでの学習が増えていきている。

普段何気なく行っていた、人とのコミュニケーションや話をして協力するということを行いづらくなっており、コロナウイルスが収束し、学校が始まったあとの学校生活の中でも「人と話すことができない」「協力することができない」ということが起こるのではないかと懸念されている。

そこで、スクーミーオンラインクラスでは、新たに、『友達と一緒に受講する』というコースを設置し、3人組以上でチャットをしたりビデオ通話がいつでもできる状態を作り出し、子どもたちが手軽にコミュニケーションを取りながら、学び会ったり、協力して課題解決をすることができる問題といつでも見ることができるプログラミングの動画教材の配信も行う。

特徴①:チーム内でいつでもどこでもコミュニケーションをとることができる仕組み

通常のオンライン授業では、1対1で講師と行うか、もしくは不特定多数のメンバーと一緒に学ぶものが多い中、本コースでは、3人以上の知り合いがチームを作り、そこにスクーミーサポートが入りオンライン授業を行う少人数の個別指導のコースになる。

これにより、オンライン授業という今まで経験したことのない体制での学びでも、友達が一緒という精神的に余裕をもち、またマンツーマンではなく友達と一緒に行うので、現在、自宅待機などで普段なかなかできない友達同士の会話を行うことができる。

ビデオ通話だけでなく、チャットでのやりとりも友達どうしや、またスクーミーサポートの講師とやりとりできる。

特徴②:チームメンバー同士で協力し合い、テクノロジーを活用した課題にチャレンジする仕組み

ITを活用した学びとして、プログラミングやアプリ開発を行う。

ただスキルを身につけるのではなく、課題を解決するために学ぶというスタンスにしているので、『何のためにテクノロジーを活用するのか』というところを大事にしている。

このコースの体験会では、コロナウイルスによって困っている飲食店を救うためにどんなことができるのか?というテーマで行う。

このテーマでは、すでに実践例があり、山梨県では、子どもたちがテイクアウトできる飲食店を調べることができるアプリを開発し活用されていることが全国ニュースにもなり、注目を浴びている。

▶『SchooMy』運営のライカーズアカデミアが山梨県の飲食店応援プロジェクトを開始、学生がアプリ「TAKEOUT yamanashi」を開発

通信教材の説明会・体験会について

1ヶ月の無料体験では、オンラインでの授業を2回、動画教材の利用、チャットでの質問に対応し、体験テーマにあったものを作っていく。

体験会終了後、継続して行う場合は授業料を免除し、子どもたちがオンラインで学ぶことができる環境を準備していく。

体験会では、コミュニケーションをとることができる仕組みの開発の体験、もしくは、どんなアプリがあれば飲食店が困っていることを解決できるか考えて開発する体験、などいろいろなテーマが用意されている。