オンライン家庭教師を運営するNoSchool、Samurai Incubate・F Ventures・柳澤安慶氏より資金調達を実施

オンライン家庭教師のNoSchoolを運営する株式会社NoSchool(東京都千代田区、代表取締役:徃西 聡)は、Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合、F Ventures Fund 2号投資事業有限責任組合、および柳澤安慶氏(ファンコミュニケーションズ代表)を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。

オンライン家庭教師のNoSchoolについて

小・中・高校生のための、オンライン指導に特化した1対1の家庭教師。ビデオ通話で、海外・日本全国どこからでもオンラインで指導が受けられる。

また、1科目・1分野から受講が可能なため、苦手科目の克服やテスト前や受験対策など、幅広い用途に利用できる。

1対1での指導のため、生徒に合わせたカリキュラム・指導が可能。また、先生によってはホワイトボード機能などを利用し、実際に添削・解説しながら指導を行うことが出来る。

特徴1:先生の見える化

NoSchoolでは、選ぶ段階でどういったオンライン家庭教師が在籍しているかが事前に分かるように1人1人のオンライン家庭教師をしっかりと見える化している点が特徴。

生徒の苦手な科目が特定の科目に絞られている場合は、その科目に得意な先生を、勉強以外にもモチベーション管理・日々のサポートが必要な場合はそういった指導コースを提供している先生を、ニーズに合わせて選べる。

また、下記のような登録オンライン家庭教師の自己紹介動画を公開している。

特徴2:子どもと一緒に先生を選べる

通常、家庭教師を依頼する際には保護者主導で探すことが多く、生徒の意見や考えと合わず結局ミスマッチングが起きてしまうケースがある。

そこでNoSchoolでは先生に依頼する前に「お試し質問」として生徒が勉強の質問をすることが可能。

生徒が自ら相性チェックをできるので安心して利用できる。

今後の展開

今回の資金調達による財務体制の強化に伴い、サービス改善へと進めていく。

短期的にはサービス改善を進めるが、一方でまだまだオンライン家庭教師の認知度は低いと考えて普及活動も進めていく。

また、将来的にはPDCAサイクル・自己改善が難しい家庭教師領域において、指導データを取り込んだ上、家庭教師自身がより指導改善が行いやすい機能、より生徒が満足できる・理解できるといった指導に特化したビデオ通話システムの開発も検討していく。