Makeblock、教育関係者向けにプログラミング教育に関するオンライン勉強会を4月23日に開催

STEAM教育ソリューションを提供するMakeblock Co., Ltd(以下Makeblock、本社:中国深セン市、創業者CEO:王建軍)の日本法人 Makeblock Japan 株式会社は、教育関係者向けの新たな支援プログラム『Makeblock STEAM On Board』を立ち上げた。

プログラムの第1弾として、教育関係者向けにプログラミング教育に関するオンライン勉強会を4月23日(木)18:00より開催することを発表した。

教育関係者向けプログラミング教育に関するオンライン勉強会の概要

MakeblockはSTEAM教育ソリューションプロバイダーとして、良質な教育ソリューションを教育機関及び家庭に対して提供することをミッションとしている。

今回、世界中で行われているSTEAM教育・プログラミング教育の推進を支援することを目的として、教育関係者向けのプログラム『Makeblock STEAM On Board』を立ち上げた。

このプログラムは、各国の教育パートナーと協力し、自治体や教育機関向けにSTEAM教育・プログラミング教育の研修と、製品や教材の提供を行っていくもの。

現在、新型コロナウィルス (COVID-19) の感染拡大により、世界各国で外出制限や学校の休校措置が取られている。

このような状況を踏まえ、より多くの学校、教員を支援することを目的として、プログラムの第1弾として、プログラミング教育に関する教育関係者向けのオンライン勉強会を開催することを決定。

また、プログラミング学習用のソフトウェアを用いた、全16回の教材を無償で順次公開していく。

オンライン勉強会では、Makeblockが開発した無料のソフトウェアmBlock(※)を教材として利用する。

mBlockはMITメディアラボが開発したScratchを基に開発されており、画面上のブロックを組み合わせることによってプログラミングを行うため、キーボードの操作が苦手な子どもでも扱いやすい仕様となっている。

ブロックで作成したプログラムを、ワンクリックでテキスト言語PythonやArduinoのコードに切り替えることも可能。

また、画像認識、音声認識、機械学習等の拡張機能を用いて、より発展的なプログラミング学習を行うこともできる。

mBlock (エムブロック)は、文部科学省・総務省・経済産業省が連携して立ち上げた未来の学びコンソーシアムが運営する、プログラミング教育に関する教育課程内外における教材を共有するポータルサイト上でも紹介されている。

日時

2020年4月23日(木)18:00~19:00

会場

オンライン(Zoomビデオコミュニケーションズが提供するオンライン会議ツール「Zoom」使用)

料金

無料

内容

教育関係者向けの支援プログラム『Makeblock STEAM On Board』の概要とカリキュラムの説明

定員

100名(先着)

参加特典

教育機関に所属する人限定で、プログラミングロボットmBotまたはCodey Rockyの貸与(1か月程度)とプログラミング教育に関する個別相談会(1時間相当)を実施。

カリキュラム

  • 教材:mBlock
  • 対象:プログラミング教育初心者(小学1年生~中学3年生)
  • 回数:45分×16回(計12時間)
  • 基準:米CSTA(Computer Science Teachers Association)およびISTE(International Society for Technology in Education)の教育基準に沿って設計されており、日本での教育においても利用できる内容。
日時 内容
4月23日(木) 18:00-19:00 教育関係者向けの支援プログラム『Makeblock STEAM On Board』の概要とカリキュラムの説明
4月30日(木) 18:00-19:00 カリキュラムの実践 – レッスン1
・プログラミングの概念
・mBlock 5の基本操作方法
5月7日(木) 18:00-19:00 カリキュラムの実践 – レッスン2
・「ブロック」の使い方①
・「背景」の使い方
5月14日(木) 18:00-19:00 カリキュラムの実践 – レッスン3
・「ブロック」の使い方②
・「スプライト」の使い方