CtoCプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」スクール向けの教材提供プランを開始

株式会社テックピット(東京都千代田区 代表取締役 山田 晃平)が運営する、CtoCのプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」は、スクール向け教材提供プランを開始することを発表した。

第一弾として、PHPカンファレンス沖縄実行委員長やフロントエンドカンファレンス沖縄実行委員長を務める鈴木孝之氏が運営する実務レベルを目指すプログラミングスクール『Re:Build Boot Camp』に導入。

「Techpit」スクール向け教材提供プランの概要

開始背景

Techpitは、『エンジニアの集合知で新しいエンジニアを育てる』をビジョンに掲げ、個人の学習者向けにサービスを運営してきた。

サービスを運営する中で、プログラミングスクールに通いつつ、併用してTechpitの教材を利用する人が多くいることが分かった。

また、そのような学習者から「通っているプログラミングスクールの補助教材として利用している」という声が寄せられていた。

一方で、プログラミングスクール運営者から「教材を増やしたいと思っているが、教材作成コストに加え、言語やライブラリのバージョンの変化に対する品質維持のためのアップデートコストも考えると、中々手が回らない」という声も寄せられていた。

プログラミング学習者とプログラミングスクール運営者の両者の要望を踏まえ、エンジニアの集合知で学習機会を創出することで次世代のエンジニアの輩出に貢献できると考え、スクール向けに教材を提供することに至った。

特徴

  • 講座を1教材ごとに選択受講できる
  • 利用人数は1人単位で購入可能
  • スクール生は、スクール卒業後も教材の閲覧可能
  • 複数人利用の場合は、特別価格で導入可能

※法人が法人向けライセンスを契約せずに教材を商用利用することは認められていない。

取り扱い技術

Ruby / Ruby on Rails / PHP / Laravel / JavaScript / Vue.js / React / Python / Django / 機会学習 etc.

想定利用シーン

  • サンプルアプリケーションの開発方法を学ぶ
  • スクールで扱っていない技術を学ぶ

導入実績:Re:Build Boot Camp

Re:Build Boot Campは、沖縄や宮崎などの地方を拠点とした実務レベルを目指すプログラミングスクール。

PHPカンファレンス沖縄実行委員長やフロントエンドカンファレンス沖縄実行委員長を務める鈴木孝之氏が運営している。

Re:Build Boot Campでは、下記のLaravelの8教材を導入。

  • Laravelで飲食店検索LINE Botを作ろう!
  • 【Laravel x Vue.js】SPAクイズアプリケーションを作ってみよう!
  • Laravel6とAWSで作るブックレビューサイト
  • LaravelでInstagram風簡易SNSアプリを作成しよう!
  • Laravelでtrello風todoタスク管理アプリを作成しよう!
  • Laradock(ララドック)を使ってLaravelでECサイトを作ってみよう!
  • 【Laravel】Tinder風マッチングアプリを作ってみよう!
  • 【Laravel 6.0】Qiita風Markdownエディターを作ってみよう!

株式会社Re:Build CEO 鈴木孝之氏のコメント

Techpitの教材はチュートリアルなどを終えた人が基礎文法などを応用して開発体験できる部分が実践的で他にないと思いました。実務向けのスクールの初期の教材として、レベルマッチがしていると思いました。

スクールの講義での使用シーンとしては、最初、個人開発でLaravelの知識を深めてもらうにあたって、Techpit様の教材を使う予定です。そこで基礎知識を学んだ後にチーム開発に移っていく予定です。

今後の展望

テックピットはこれまでCtoCで個人の学習者向けにサービス事業を展開してきたが、プログラミングスクールでの導入や・企業法人のエンジニア育成への利用展開も視野にいれている。

また、昨今新型コロナウイルスの影響により、オフラインでの学習が困難である。

Techpitがオンラインで学べる学習の教材を提供することで、オンラインでの学習環境づくりに貢献していきたいと考えている。

Techpitとは

Techpitは、CtoCのプログラミング学習プラットフォーム。

大手企業やベンチャー企業で働く現役エンジニアやフリーランスの現役エンジニアが執筆した教材でプログラミングスキルが学べるスキルシェアプラットフォーム。

現在、RubyやPHPのプログラミング初学者に人気の技術から、Vue.jsやReactなどのモダンな技術まで、計70教材(学習時間620時間相当※2020年4月16日時点)を公開。

他にもTypeScriptやAWSなどの教材が近日公開予定。

入門レベルから実務レベルまでのギャップを埋めるべく、今後はより実務に馴染みのある技術やテーマを扱った発展的な教材を提供する方針。