「グロービス学び放題」新型コロナウイルスの影響下で有効会員数が前月比1.3倍の8万1,000名に

グロービス(東京都千代田区、代表:堀義人)が提供する、ビジネスナレッジの定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が広がる中、2020年3月の有効会員数が、前月2月の5万9000名から8万1000名へと1.3倍に増加したことを発表した。

 

政府や自治体の緊急事態宣言により、在宅勤務や外出自粛が要請される中、多くのビジネスパーソンの学びを支援している。

グロービスでは、新型コロナウイルスの影響が広がる中でも、ビジネスパーソンの学びを支援する施策を行っている。

グロービス経営大学院の全クラスオンライン開講、新卒内定者・新入社員育成サービス「グロービス学び放題フレッシャーズ」の一部コンテンツ無償提供、英語で視聴するビジネスナレッジの定額制動画学習サービス「GLOBIS Unlimited」の個人・法人への無償提供などを実施している。

これに加えて、より多くの人に学びの支援を拡大するため、グロービス学び放題の一部コンテンツ(動画)を4月27日(月)まで無料公開。

また、個人で受講を検討している人に向け、グロービス学び放題に出演する講師が「目標設定のコツ」を伝授するワークショップ型の無料オンラインイベントを、4月24日(金)に開催する。

グロービス学び放題とは

グロービス学び放題は、グロービスがこれまでビジネススクールや法人研修、出版事業を通じて培った、良質な経営教育のコンテンツやビジネストレンドを、スマートフォンやPCなど利用シーンに合わせたデバイスで、いつでもどこでも好きなだけ定額制で学習することができる。

ビジネスに必要とされる体系的な知識を、300コース、2,700本の動画に収録。動画は1本あたり3分程度で構成しており、隙間時間に手軽に学習することができる。

「第4回HRテクノロジー大賞」優秀賞(2019年)を始め、国内外で5つのビジネスアワードを受賞するなど、テクノロジーを活用したビジネスの学びを提供するサービスとして、高い評価を得ている。