メイツのタブレット型教材『英検アプリ』AIを搭載、過去3年間1万人近くのユーザーデータを元に各生徒に最適な問題を生成

【教育をアップデートする】を理念に、タブレットを用いた学習塾運営と教育機関向けアプリ開発を行う株式会社メイツ(本社:東京都新宿区 代表取締役:遠藤尚範)は、2020年4月17日にタブレット型教材『英検アプリ』において、苦手問題を作成できるAI搭載を開始することを発表した。

学習効率をアップするために、過去3年間、1万人近くの英検アプリユーザーのデータを元に、AIが各生徒に最適な問題を生成。

AIを活用し英検合格に向けた学習を行う、他にはあまりない機能を持ったアプリが誕生する。

タブレット型教材『英検アプリ』AI概要

メイツの英検アプリにAIが搭載された事で問題生成の精度が大きく向上。

AIが1万人近くのアプリユーザーの正誤データから、搭載されている何千問もの問題の単元、難易度の分析を行う。

分析されたデータを元に、アプリを利用する生徒の学力に合わせた最適な苦手リストが生成される。

この苦手問題の解答結果も正誤データとしてAIが読み取り、その後の問題作成に活用する。

日々の学習内容や、生徒の習熟度により、AI が作成する苦手問題の最適性も上がり、最大限の学習効果が期待できる。

開発背景

大学入試、小学校英語授業で4技能が取り入れられ、その習熟度を測れる英検の需要は年々増加している。

しかし通常指導だけでも忙しい教育現場では、その需要に応える事が不十分だった。

限られた時間でも効率的に英検、4技能の学習ができるよう開発されたのが、メイツの英検アプリ。

英検アプリの代表的な機能の1つに、診断テストの結果から生成される【苦手リスト作成】がある。

この機能の強化をし、更なる学習効率の向上を図るためにAIの開発を行った。

展望

AIが生成する問題は、学習者の効果的な学力向上に寄与し、英検合格に繋がる。

これにより、英検アプリの使用機会やユーザー数の増加が実現できれば、AIが読み込む正誤データも加算される。

ひいては搭載されるAIもより精度の高い問題の生成が可能となり、更なる学力向上が望めるアプリへと発展していく。

これまでと同じく教育現場の負担を軽減するのは勿論、メイツの英検アプリを活用した【効果的な学習サイクル】がスタンダードになるよう、教育をアップデートしていく。

※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標。