ジョリーグッド、指導スタッフと複数の受講者の”一対多のオンラインリモートVR授業システム”を開発

VRを活用した医療福祉の教育ソリューションを提供する株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)は、指導スタッフが自宅にいる受講者らのVRゴーグルを操作して一斉オンラインVR授業を実施できる「多接続リモートVR教育システム」を開発したことを発表した。

このシステムは、ジョリーグッドが提供する医療や介護、発達障害支援などのVRトレーニングを、通学通勤や集合が難しい場合に、受講者を一箇所に集めることなく、指導スタッフとそれぞれ自宅にいる複数の受講者との一対多のオンラインリモートVR授業を可能にするもの。

ジョリーグッドは第一弾として、就労移行支援施設、放課後等デイサービス向けに提供している発達障害支援施設向けVRプログラム「emou」(エモウ)にて、このシステムによる「リモートVR授業サービス」の実証を開始する。

「多接続リモートVR教育システム」概要

背景

出典:株式会社サーベイリサーチセンター調べ(2020年3月11日付け)

出典:株式会社サーベイリサーチセンター調べ(2020年3月11日付け)

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大では、外出の自粛や感染の不安などによって、外出や移動に影響が及んでいる人が多くいることが株式会社サーベイリサーチセンターの発表したアンケート調査でわかった。

教育機関への通学や集合を必要とする授業や研修は、移動時間や定員などの制限に加え、今回のパンデミックにより集まることができないと実施できない、と課題があらわに。

このパンデミックを機に急速に浸透したオンライン会議システムには、移動の必要がなくどこからでも参加できるなど多くのメリットがあるが、その一方で通信品質や画面サイズなどの事情から「表情や雰囲気が伝わりにくい」「ニュアンスがわからない」などの課題が挙げられている。

このシステムが実現する「リモートVR授業サービス」は、外出が難しく自宅で過ごしている受講者とオンライン会議システムをつなぎながら、リアルな当事者目線の360度VR体験学習を提供することができる。

指導スタッフは、自宅にいる複数の受講者に対し、zoomやGoogle Meetなどのオンライン会議システムをつなぎながら、受講者のVRゴーグルを一斉にコントロールすることができる。

また注視してほしいポイントをタブレットに描画すれば、受講者のVR空間にリアルタイムに表示されるアノテーション機能などにより、VR空間でも直感的でスムーズな授業の進行を可能にする。

多接続リモートVR教育システムのメリット

  • 教室に集めることなく、自宅の受講者にVR体験学習を提供
  • 一人の指導スタッフがリモートで複数の受講者に同時に実施できる
  • オンライン会議システム連携で、お互いの顔を見ながらVR授業ができる
  • 一箇所に集まる必要がないため、多勢の受講者に一気に提供が可能

第一弾となるemouでの実証例

「リモートVR授業サービス」を、発達障害の支援を行なっている放課後等デイサービスや就労移行支援施設で活用することによって、様々な事情で施設に通うことが難しい利用者に対して、オンラインでソーシャルスキルトレーニングVRのクラスを開講することができる。

導入施設は、定員や通所可能なエリアなどを気にすることなく全国どこの利用者に対しても ソーシャルスキルのVRトレーニングを提供することができるため、利用者の拡大を見込めるという。

コロナ感染拡大防止対策として、ICT導入経費が助成対象に

厚生労働省より4月7日(火)に開示された緊急経済対策(障害保健福祉部関係)の「障害福祉分野のICT導入モデル事業」において、放課後等デイサービスや就労移行支援施設などの障害福祉サービス事業所でのICT機器の活用による濃厚接触の予防と生産性の向上の取り組みの促進に係る経費が助成されることが発表された。

emouの「リモートVR授業サービス」は、まさにICTとVRを活用した教育サービスの提供であり、本サービスの開発機能でモデル事業として自治体・施設と共同で取り組むことを目指す。