経産省後援日本アントレプレナー大賞エンタメ部門グランプリの『ゲムトレ』、累計トレーニング1,500回を突破

ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』を運営する株式会社ゲムトレ(代表取締役 小幡和輝、以下ゲムトレ)は、第5回日本アントレプレナー大賞(後援 経済産業省)にて、エンタメ部門グランプリを受賞したことを発表した。

また、サービス開始(2019年10月)からの累計トレーニング回数が1500回を突破したことを発表した。

ゲムトレはゲームの習い事という新しい文化創出のため、引き続きサービスを改善、発展させていく。

ゲムトレについて

ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』は、ゲームを使った新しい習い事。

全国大会、世界大会などを経験したゲームトレーナーから、ゲームの上達方法やチームプレイなどを学ぶ。

ゲムトレで提供しているプログラムはプロゲーマーになるためのトレーニングではなく、ゲームを通じて情報処理能力、集中力など脳の力を鍛えたり、コミュニケーション能力を高める教育プログラムを提供している。

2019年10月よりサービス提供を開始、累計トレーニング回数は1500回を突破(4月13日現在)。

コロナウイルスによる自宅待機の影響もあり、既存生徒の追加トレーニング依頼も増加。

1ヶ月に20回以上のトレーニングを依頼されるケースもあるという。

日本アントレプレナー大賞について

今回で第5回目となる日本アントレプレナー大賞は、新人起業家のビジネスプランの発掘、選考、及び産業化へのサポートをすることにより、次世代のアントレプレナーを創出する基盤、風土を作るために創設されたビジネスプランコンテスト。

ゲムトレ代表小幡氏のコメント

僕はもともと学校に馴染めず、10年間の不登校を経験しました。そのときに僕を救ってくれたのがゲームです。勉強も運動も苦手だった僕が、ゲームだったら輝けた。ゲームの大会で優勝したり、ゲームでたくさんの友達ができました。

いまでも子どもたちと一緒にゲームで仲良くなる瞬間がたくさんあります。これは野球やサッカー、囲碁や将棋と同じような感覚だと思います。最近ではeスポーツとも呼ばれてきましたが、まだまだ文化としては根付いていません。

ゲームには脳を鍛える効果があり、ゲームを通じたコミュニケーション能力も身につきます。ゲームを悪いものと考えるのではなく、子どもたちの教育のツールとして使えないかと思ったのがゲムトレを立ち上げたきっかけです。

ゲムトレを通じて、ゲームトレーナーという仕事が生まれようとしています。ゲームを教えることでお金を稼ぐという仕事です。

囲碁や将棋では当たり前であるトレーナーという文化もゲームではまだ一般化されていません。ゲムトレを通じて、ゲームトレーナーという仕事も作れたらいいなと思っています。いまトレーナーとして一番稼いでいる人で月に7万円。(ちなみに高校生です。)まだこれ一本で食べれる金額ではないですが、早く生計を立てられるレベルのゲームトレーナーが生まれたらいいなと思います。

僕にとっても、サービスとしても、すべてが新しい挑戦ですが、試行錯誤を繰りかえし、より良いものにしていきますので引き続き応援をよろしくお願い致します。