LABOT、プログラミングを「写経」して学ぶウェブサービス SHAKYO.io をローンチ

株式会社LABOT(東京都渋谷区、代表取締役 鶴田浩之)は、プログラミング学習サービスとして、タイピングゲームのようにソースコードを模写して繰り返し練習することができる「写経」プラットフォームWebサービス、SHAKYO.io をローンチしたことを発表した。

新型コロナウイルスの影響でオンライン学習を余儀なくされている教育機関、自宅待機中の新社会人向けにライセンスを無償提供する。

「SHAKYO.io」とは

SHAKYO.io は、反復練習をコンセプトに、教科書的な勉強ではなくトレーニングとしてプログラミングスキルを高めるプロダクト。

C、Java、Python、Ruby など複数のプログラミング言語ごとに、一般的なアルゴリズムを数百収録しているほか、自ら学びたいソースコードをアップロードすることができる。

語学における発音練習、野球における素振りやサッカーにおけるパス練習、あらゆるスポーツに共通する心肺機能の強化・筋力トレーニングなど、スキルの習熟には「体で覚えていく」というプロセスが必要がある中で、プログラミング学習方法の多くは、書籍やチュートリアル等、手順に沿って行うものが多く、途中で理解が追いつかずに挫折する方が多い分野でもあった。

SHAKYO.io は、「反復練習」というものをキーワードに、一日十数分ずつでもプレイをすることにより、初心者のプログラミング学習者が複雑なソースコードに慣れたり、新たなプログラミン言語習得の際のシンタックス(文法)を実際のコードから学ぶ事ができることを目指す。

プログラミング学習に対するメンタルブロックを取り除き、教科書的な学習と合わせた副教材として、活用されていくことを目指している。

写経とは

サービス名 SHAKYO の語源である「写経」は、もともとは般若心経などの経典を書写する、仏教の所作の一つ。

転じて、ギーク界隈の俗語として、プログラミングのソースコードを模写し入力することで予想通りの動作が行えるかどうか、初心者がプログラミングを学ぶ上でのキーワードとして「写経する」という言葉が使われている。

SHAKYO.ioライセンス無償提供の概要

2020年9月30日 までの期間、新型コロナウイルスの影響によってオンライン学習体制を余儀なくされている全ての教育機関(小・中学校、高等学校・高専、専門学校・短大・大学)に対して、SHAKYO.io のすべての機能にアクセスできる機能を、無償提供する。

また、緊急事態宣言に伴うリモートワークで在宅勤務体制を取られている2020年卒、新社会人向けのITリテラシー研修としてのサービスとしても、ライセンスを無償提供。※4月下旬より、順次対応。