東京個別指導学院、AI教材を活用しオンラインで自宅学習を支援

ベネッセグループの株式会社東京個別指導学院(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:齋藤 勝己)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、緊急措置として、子どもたちの自宅学習をオンラインで支援するサービスの提供を4月13日(月)より全個別指導教室でスタートしたことを発表した。

東京個別指導学院は、こうしたサービスも活用しながら、学習面で不安を感じる顧客一人ひとりに寄り添い、教室に足を運べなくとも、学習継続をサポートしていく。

中学生・高校生向け「自宅学習AI教材」サービス概要

期間

4月13日(月)~(未定)

対象

新中学1年生~新高校3年生の東京個別指導学院各教室に通塾している生徒

教科

数学、英語

  • 自宅の手持ちの端末(PC、タブレット、スマートフォンなど)にて学習を進めながら、社員がオンラインで学習をサポート
  • 学年別に設けた月~金10:30~16:00の時間割の中での学習を推奨し、学習習慣の定着を促す
  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急措置として無償にてサービス提供

*小学生にはプリント演習教材をオンラインで無償配信し、学習継続を支援する。

提供の背景

東京個別指導学院は、政府による緊急事態宣言の発令を受け、顧客と従業員の安全・安心を第一に、4月13日(月)現在すべての教室を休校としている。

学校の休校期間延長や外出自粛要請が続く中、顧客からは、適切な学習機会が得られなくなってしまうことの不安や、学習習慣が乱れてしまうことへの心配の声が寄せられていた。

これまでも東京個別指導学院は、先行きが不透明な状況の中、生徒保護者の不安を少しでも取り除き、学習継続をできる限り支援したいという思いで、一人ひとりに電話などで連絡、自宅学習をサポートしてきた。

こうしたサポートに加えてより一層の支援を図るため、今回オンラインで自宅学習ができるAI教材を全個別指導教室で整え、緊急措置として無償提供することとなった。

「自宅学習AI教材」は、生徒が自宅でタブレットやPCを使って学習を進めることができる。

学習の進捗状況やつまずきやすいポイントなどは社員の端末上で確認でき、それを踏まえ適切なコーチングが可能になる。

各学年で、社員が生徒のログイン状況を確認する時間割を設定し、その時間帯での学習を推奨している。

なお、このサービス提供は緊急措置の一つであり、受講システムなどは今後変更する可能性があり、無償提供の終了時期についても現時点では未定。