河合塾とCOMPASS、英語の4技能を統合的に修得できるAI型教材「Qubena中高英語 by河合塾」を共同開発

学校法人河合塾(以下、河合塾)と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供する株式会社COMPASS(以下、COMPASS)は、英語の4技能を統合的に修得することができる、教育機関向けのAI型教材「Qubena中高英語 by河合塾」を共同開発し、2020年4月下旬より、学校や自治体・学習塾への提供を開始することを発表した。

それに伴い、全国の中学校・高等学校を対象に本サービスを最大5カ月無料で利用できるキャンペーンを実施する。

河合塾とCOMPASSは、これまでに「Qubena高校数学ⅠAⅡB by河合塾」を共同開発しており、全国の学校・学習塾で利用されている。

「Qubena中高英語 by 河合塾」については、2019年4月に中学範囲の一部を先行リリースしていたが、今回、中学・高校範囲を網羅した完全版として、4月下旬より正式リリースする。

また、この教材は、2019年度の経済産業省「未来の教室」実証事業において、東京都千代田区立麹町中学校でも利用され、学力の向上と学習時間の短縮などの成果が出ている。

「Qubena中高英語 by河合塾」について

英語4技能を横断し、AIによって一人ひとりの学力に合わせて学ぶことで、中学・高校英語を効率的に修得できる。

また、河合塾講師によって作成された問題と丁寧な解説により、初学者でも「CEFR B1(*1)の素地を身につけることができる。

対象学年

中学1年生~高校3年生 (小学生の先取り学習としても利用できる)

特長

1. 4技能を横断した英語学習

「読む」「聞く」「書く」「話す」をセットにした学習体験により、英語4技能を効率的に修得できる。

学習モードは「単語モード」「文法モード」「4技能モード」の3つのモードを搭載しており、「単語モード」では単語を、「文法モード」では文法事項を含む短文を、それぞれ4技能をセットにして学習することで、基礎の定着を図る。

また、「4技能モード」では、共通のテーマに関して各技能の学習に特化した総合演習を行うことで、各技能をさらに伸ばす。

2. 各技能の修得にアダプティブ・ラーニングを適用

AIが、生徒一人ひとりの解答や学習データから間違いの原因を解析し、その原因を解決するためにその生徒が解くべき問題を出題し、各技能の修得のための最適な学習を実現する。

3. 各技能の学習に最適な解答方式・評価システムを搭載

各種英語資格・検定試験(CBT)に導入されているタイピング・音声入力など、各技能の学習において最適な解答方式と、正誤判定だけでなく、ライティング・スピーキングの記述・発話にも対応した、独自の評価システム(*2)を搭載している。

4. 指導者用学習管理ツールと問題配信機能

指導者用学習管理ツール「Qubena Manager(キュビナマネージャー)」で生徒の学習状況をリアルタイムに確認できるため、一人ひとりのきめ細やかな学習指導に役立つ。

また、Qubena Managerの問題配信機能を活用することで、搭載された問題を指導者が選択して生徒に配信することができる。

対応端末

スマートフォン

  • 【iOS】 動作確認端末:iPhone(7以降) OS:バージョン13.0以降
  • 【Android】 2020年7月以降対応予定

タブレット

  • 【iOS】 動作確認端末:iPad(第7世代以降)、iPad Air(3以降)、iPad Pro(第2世代 10.5inch、第3世代 11inch) OS: バージョン13.0以降
  • 【Chromebook】 2020年7月以降対応予定

「Qubena中高英語 by 河合塾」中学校・高等学校向け無料キャンペーン概要

「Qubena中高英語 by 河合塾」と指導者用学習管理ツール「Qubena Manager」を、サービス利用料等すべての費用を無料で、最大5ヶ月間利用できる。

対象科目

中学英語・高校英語

無料期間

2020年5月1日~2020年9月30日

募集校数

全国の中学校・高等学校20校 ※先着順。1校あたりの利用者数制限はない。

応募締切

2020年5月29日(金)まで

応募条件

下記1・2の両方を満たす学校

  1. 上記に記載の対応端末をすでに持っておりインターネット接続環境が整っている、または、利用開始までに準備できる学校
  2. アンケート実施、効果測定のための学習データ提供に協力できる学校

※上記応募条件の他に授業見学や広報活動・取材などへの協力が依頼される場合がある。

応募方法

学校法人河合塾 高校事業企画部(E-mail:kawaijuku-qubena@kawai-juku.ac.jp)宛に問い合わせ。

経済産業省「未来の教室」実証事業における学習効果

検証対象

東京都千代田区立麹町中学校 2年生

検証内容

英語の授業において各単元で学習する文法の演習で文法モードを活用

検証期間

2019年9月〜2020年2月末

検証結果

1. 学力の向上 (左図)

Qubenaを活用したクラスと活用していないクラスで、単元テストの偏差値をQubena利用開始前の単元テストの偏差値と比較した結果、Qubenaを活用したクラスでは学力の向上が見られた。

2. 授業時間数の短縮 (右図)

Qubenaを利用したクラスでは標準授業時数10〜13時間(平均11.5時間)の単元が8時間で修了、9〜12時間(平均10.5時間)の単元が8.5時間で修了し、授業時間数にして2割~3割の短縮を行うことができた。

※標準授業時数については教科書会社が発行するシラバスを参照。

麹町中学校における活用の様子

*1 CEFR B1…CEFR (Common European Framework of Reference for Languages)は、語学シラバスやカリキュラムの手引きの作成、学習指導教材の編集、外国語運用能力の評価のために、透明性が高く、分かりやすい、包括的な基盤を提供するものとして、2001年に欧州評議会が発表したもの。B1はCEFRが示している6段階のレベルの1つであり、「自立した言語使用者」として仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる。その言葉が話されている地域にいるときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。身近な話題や個人的に関心のある話題について、筋の通った簡単な文章を作ることができるレベルと定義される。文部科学省は次期学習指導要領において高校卒業までにCEFR B1~B2程度レベルの英語力を習得することを目標としている。

*2 スピーキングの評価には、株式会社コトが提供する発音評定エンジン「SeePhony®」を採用。