パソナと東京学芸大学、PBLで探究を実践するアフタースクール『Miracle Labo』を7月に開校

パソナグループで総合保育サービスを展開する株式会社パソナフォスター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 長畑久美子)は、東京学芸大学との共同研究により、小学4年生~中学3年生を対象に、主体的・対話的な学びを行う“問題解決型学習(PBL)”のメソッドを用いたアフタースクール『Miracle Labo(ミラクルラボ』を、2020年7月にSOCOLA武蔵小金井クロス(東京都小金井市)にオープンすることを発表した。

産業構造の変化や技術革新、AI・ビックデータ等のテクノロジーが台頭する中、子どもたちには次の時代を生き抜く力が求められている。

そのような中、学習指導要領の変更にともない、これまでの知識偏重型の受動的な学習ではなく、「自分たちを取り巻く様々な社会課題と向き合い、解決しようとする力」を養う教育法である“問題解決型学習(PBL)”が注目されている。

『Miracle Labo』では、「協働の学び時間」として、異年齢学習により、習い事や家庭では難しい「探求体験」を問題解決型学習を通じて実践していく。

課題解決を行う複数の企業と連携して学習テーマを設定することで、学習を将来の仕事に近づけ、大人との接点から生まれる成長により実社会で生きるチカラを醸成する。

また「個人の学び時間」では、児童教育を学ぶ東京学芸大学の学生が、宿題などの学校学習のサポートを行う。

『Miracle Labo』は学校法人の課外授業としても活用することができ、その第一弾としてスーパーサイエンスハイスクール(先進的な理数教育を実施する高等学校として、文部科学省から指定を受けた学校)である中央大学附属高等学校の「高校生によるSDGsプロジェクト」チームが、『Miracle Labo』の問題解決型学習を課外授業として実施する予定。

開校に向けて、『Miracle Labo』に参画するパートナー企業も随時募集している。

パートナー企業は、『Miracle Labo』に参画することで、持続可能な開発目標(SDGs)のゴールの一つである「質の高い教育をみんなに」の実践につながるほか、社内外から幅広く技術・アイデアを取り入れ、自社では生み出せない新たな価値を創出することができる。

パソナフォスターは本取り組みを通じて、働く人々が仕事と子育てを両立しながらイキイキと活躍できる環境づくりと、子供たちの豊かな心と知的好奇心を育む場づくりに取り組む。

 『Miracle Labo』概要

開校日

2020年7月(予定)

場所

SOCOLA武蔵小金井クロス(東京都小金井市本町6-2-30)

内容

主体的・対話的な学びを行う“問題解決型学習(PBL)”のメソッドを用いて、パートナー企業と共に「探求体験」を提供するアフタースクール(学習テーマ一つにつき、約3ヶ月間の問題解決型学習を実施)

問題解決型学習(PBL)の一例:「食品メーカー」と連携

学習テーマ例:冷凍食品の不思議

  • あったらいいな、こんな冷凍食品
  • ご当地冷凍食品を考えよう!
  • 環境にもいい冷凍食品は?

開校時間

月~土曜日(日曜日・祝日・年末年始12/29~1/3は閉校)

  • 通常利用 10:00~19:00
  • 延長利用19:00~21:00(無料)

※問題解決型学習(PBL)の時間は平日16時、または17時からの90分

対象

原則小学4年生~中学3年生

定員

40名

料金(税抜き価格)

  • 登録費 12,000円/年
  • 週1・2日通学 15,000円/月
  • 週3・4日通学 35,000円/月
  • 週5・6日通学 45,000円/月

備考

  • 子どもたちが来所していない日中の時間帯や休校日に、地域住民や企業等にMiracle Laboをレンタルスペースとして貸し出し、地域コミュニティの醸成や企業活動を支援
  • パソナグループの株式会社タネノチカラと連携し、夏休みには『淡路島SDGs体験宿泊 キャンプ』を実施予定(親子参加可能)