Sky、タブレット端末を活用した学習活動をサポートするソフトウェア「SKYMENU Class 2020」を6月に発売

Sky株式会社は、タブレット端末に対応した学習活動ソフトウェア「SKYMENU Class 2020」(スカイメニュークラス 2020)を開発、6月に発売する予定であることを発表した。

学習活動ソフトウェア「SKYMENU Class 2020」概要

今の子どもたちが、新たな価値を創造する未来に向けて、主体的・対話的な学習活動を支援する

学校のICT環境は「高速大容量の通信ネットワーク」「1人1台の学習者用端末」「クラウド」の整備・導入が進み、大きく変わろうとしている。

「SKYMENU Class」は、新しく変わりゆく環境のなかで、子どもたちが学習活動に取り組みやすい仕組みと「主体的・対話的で深い学び」を支える機能を提供し、子どもたち自身が未来社会を創造する力を育む「未来の学び」の実現をサポートする。

「SKYMENU Class 2020」の新機能

考えの揺れ動きを可視化する【ポジショニング】

子どもたちが、与えられた課題に対する自分の考え(立ち位置=ポジショニング)を、マーカを配置して示すことができる。

考えの変化に応じて何度でもマーカを再配置でき、その変容の過程を自動的に記録。

考えの「ゆらぎ」を可視化して振り返ることができる。

「SKYMENU Class」を活用することで

  • 各自が手元で入力できリアルタイムに反映される
  • 活動中に考えが変われば何度でも再配置できる
  • 考えの変化の履歴が残り振り返りに活用できる

校内の情報がすぐに共有できる連絡板【電子連絡板】

各教室や教職員間での校内情報の共有に活用できる電子連絡板。

各教室の大型提示装置で電子連絡板を表示しておけば、子どもたちへお知らせを周知できる。また、先生が使用しているタブレット端末で閲覧することもできる。

教室で校内の情報をリアルタイムに共有

従来は職員室に設置された連絡板などで共有していた校内の情報を教室にいながら確認できる。

電子連絡板を、学年ごと、学級ごと、教職員用など、用途に応じて作成することで柔軟に活用できる。また、各教室に設置されている大型提示装置の有効活用にも役立つ。

専用USBメモリを使い、タブレット端末の制限設定を解除【災害時設定解除】

災害の際には、近隣住民の避難所ともなる学校。緊急時の情報収集や連絡手段として、タブレット端末が自由に使えるよう、専用USBメモリを接続することで、学習者用に設定した各種制限設定を解除することができる。

さまざまな学習活動の場面で、主体的・対話的な学びを支える

「SKYMENU Class」は、子どもたち1人ひとりの考えをリアルタイムに共有して、協働的な学びに生かす仕組みや、1人ひとりの反応を踏まえた双方向型の一斉授業を可能にする機能を搭載しています。

SKYMENUがマルチOSに対応、各端末に搭載されているブラウザで動作

ブラウザ上で動作する機能を拡充し、各機能を呼び出したりファイルにアクセスしたりするための「マイページ」が用意されている。

これらの機能は、Windows PC・Chromebook™・iPadに搭載されているブラウザで動作するので、端末の種類を問わず活用できる。

販売体制

全国の文教関係のメーカーおよび販売代理店を通して、主に小学校、中学校、高等学校、大学などを対象に販売。

価格

オープン価格


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。