ワンダーラボ、ハナヤマ制作の”賢くなるパズルゲーム”シリーズ「ロジカルニュートン」を監修

子ども向けアプリ教材開発・運営などを行うワンダーラボ株式会社(旧:花まるラボ)(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶 以下、ワンダーラボ)は、パズルゲームのトップメーカーとして世界的に知られる株式会社ハナヤマの新作パズルゲーム「ロジカルニュートン」シリーズを監修したことを発表した。

「ロジカルニュートン」は、この4月から始まる小学校でのプログラミング教育必修化にあわせてスタートする新しいパズルシリーズで、「ロジカルニュートン ニュートンのリンゴ」、「ロジカルニュートン コロンブスのひらめきタマゴ」、「ロジカルニュートン マルコ・ポーロの地図」の第1弾3商品をラインナップ。

ワンダーラボは、この3商品の監修を担当した。

「ロジカルニュートン」シリーズの製品概要

『ロジカルニュートン』は、パズルで楽しみながら、自然に、論理的思考やひらめき力を身につける、賢くなるパズルゲームシリーズ。

遊び方

「ロジカルニュートン ニュートンのリンゴ」は、カタカタと音を立ててリンゴが落ちていく様が面白いパズルゲーム。

リンゴが落ちていくパネルの種類は12種類、パネルの特徴を把握し、赤リンゴと青リンゴを正しく振り分ける。

問題集は80問入り。ひとりでも、家族一緒にでも楽しめる。

「ロジカルニュートン コロンブスのひらめきタマゴ」は、縦列と横列の数と色をヒントに、合計16個のタマゴ型パズルピースを正しい位置に配置するパズルゲーム。問題は40問入り。

「ロジカルニュートン マルコ・ポーロの地図」は、スタートからゴールまで、コンパス型のパズルピースをうまく配置するパズルゲーム。

株式会社ハナヤマは、1933年の創業以来、日本における立体パズルのパイオニアとして、現在に至るまで学校の授業でも取り上げられている数多くの立体パズルを、世界50カ国以上で発売してきた。

『ロジカルニュートン』シリーズは、4月からの小学校でのプログラミング教育必修化のタイミングにあわせて、”子どもが楽しみながら自然に学べる、賢くなるパズルゲーム”をコンセプトに開発されている。

商品詳細

「ロジカルニュートン ニュートンのリンゴ」

  • 価格:2,980円(税別)
  • セット内容:ウィンドウ、ボード、トレイ各1個、パネル12枚、コイン20枚、シール、取扱説明書、問題集
  • 発売日:2020年4月4日

「ロジカルニュートン コロンブスのひらめきタマゴ」

  • 価格:1,980円(税別)
  • セット内容:ケース、ゲーム盤、パズルピース4色各4個、問題カード20枚、取扱説明書、解答集
  • 発売日:2020年4月4日

「ロジカルニュートン マルコ・ポーロの地図」

  • 価格:1,980円(税別)
  • セット内容:ケース、ゲーム盤、パズルピース合計16個、問題カード20枚、取扱説明書、解答集
  • 発売日:2020年4月4日