『SchooMy』運営のライカーズアカデミアが山梨県の飲食店応援プロジェクトを開始、学生がアプリ「TAKEOUT yamanashi」を開発

「つくることで学ぶ・つながる」を加速させるためのブランド『SchooMy』を運営している株式会社ライカーズアカデミア(山梨県:代表取締役CEO塩島諒輔)のオンライン授業を受けている山梨県の学生が、飲食店のテイクアウト情報を多くの人に届けるアプリ「TAKEOUT yamanashi」を開発し、県内の多くの人に活用されていることを発表した。

これは、コロナ休校の対策で『感染症×テクノロジー』というテーマで行ったもので、オンラインで上でチームを作りプログラミングを学び、プロダクトをリリースした。

『飲食店応援プロジェクト』の概要

背景

新型コロナウィルス感染拡大対策として出勤・外出・飲食店での食事を控える人が増え、深刻な影響を受けている飲食店が増えている。

緊急事態宣言の発出が検討されるなどのニュースを受けて、今後も通常とは異なる営業体制となる飲食店が増えると予想されている。

しかし「今、どの店でテイクアウト購入ができるか」は利用者にリアルタイムにわかりにくいという状況である。

また店舗によっては自社のホームページやSNSを持っていない店やこういったITツールを活用した広報活動が不慣れな店主がいたりなど、地域の飲食店のサービスが十分に告知できていない状況である。

このような状況に対して、オンラインコンテンツSchooMyONLINEを受講していた子どもたちがプロジェクトチームを作り地元店舗の支援事業『飲食店応援プロジェクト』を実施している。

このプロジェクトは飲食関連業等のデリバリーやテイクアウトなどを取り扱っている店舗の情報を集め、Webで情報発信を行い、少しでも市内企業の消費向上を図流もの。

誰でも気軽に投稿できるような仕組みを作り、店舗への応援メッセージを送ることもできるようなシステムになっている。

登録や掲載は、無償で誰でも利用でき、ITに不慣れな人を対象に、電話でのページ作成のサポートや広報代行もITの力を駆使し行っていく。

プロジェクトチームは、情報発信を最終目標にせず、これを機に地元商店街のお店を知ったり、なかなか最初に足を運ぶことの難しいお店に対して気軽にいくことができる機会を提供できればと考えており、コロナウイルスの収束後も形を変えて地元のお店、商店街を応援する仕組みを作っていくという。

食べたものを投稿したり見るのが楽しくなるように工夫をしたデザインを意識 誰もが投稿しやすいようシンプルなデザインを意識

取り組みの効果

今年度から始まるプログラミング教育や、総合的な探究の授業につなげることのできる内容で、テクノロジーや課題解決型の学校での学びが、実際に社会で活用できる事例として、全国でも同じような動きが進んでいる。

またこのような現状の中でオンラインで学び、遠隔地でもプロジェクトを作り、社会に生かすということを全国に先駆けて地域活性化の事例として進めていく。