デジタルブッククラウド「Wisebook」、教育関係者向けに無償提供を開始

MITホールディングスグループの株式会社ビーガル(代表取締役社長:増田典久、本社:千葉市美浜区)は、新型コロナウイルス感染症の影響で、生徒の自宅学習が緊急の課題となっている教育関係者を支援するため、デジタルブック制作・配信サービス「Wisebook Cloud」を教育教材配信用システムとして無償提供することを発表した。

「Wisebook Cloud」とは

Wisebook Cloudは、手持ちのPDFファイルを2ステップの操作でデジタルブック化し、一般公開/限定公開を選択してWEB配信できるクラウドサービス。

本などの紙媒体をデジタルブック化するだけでなく、事前に撮影したレクチャー動画を添付することや目隠し機能を使った簡単なテストの配信などもできる多くの機能を持ち合わせている。

プリント類の配布などにも利用できる。

教育機関を含む中小から大企業まで、これまで1,000社以上に利用されている。

対象団体

  • 国公立・私立学校(幼稚園、小学校、中学校、高等学校)
  • 教育支援を行っているNPO法人
  • 教育支援を行っているボランティア団体

利用できるサービス

Wisebook Cloud 10Gプラン(約5,000ページ相当分/複数冊子掲載可)

期間

2020年4月13日~2021年9月30日(情勢に応じて期間の延長を検討)

料金

無料(契約のプランにより通信会社料金が別途かかる場合がある)

利用までに必要な日数

最短3営業日

Wisebookでの自宅学習例

Wisebook機能概要
  • 教材PDFをWisebookでデジタルブック化し配信すると、ライブラリに本棚のように教材が並ぶようになる。教材は生徒ごと、教材ごとに配信範囲を選べるようになっており、生徒は自分向けの教材一覧から学習したい教材を開いて学習を進めることができる。
  • 閲覧は、配信設定されたURLをクリックしてインターネット経由でPC、タブレット、スマートフォンで閲覧することが出来る。
  • 配信方法は、設定時に①ID/PWでアクセスする限定公開もしくは②一般公開の2種類を選べる。
  • Wisebookのデジタルブックにはペン、メモ、目次、全文検索などの学習に役立つ機能が付いており、利用に応じて管理画面から設定可能。

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。