個別指導塾「森塾」自宅で個別指導が受けられる「オンライン個別指導」を提供開始

株式会社スプリックス(本部:東京都豊島区、代表取締役社長:常石 博之)は、自社の運営する個別指導塾「森塾」において、自宅に居ながらにして個別指導が受けられる「オンライン個別指導」の提供を開始したことを発表した。

「オンライン個別指導」の概要

オンラインでの授業提供の背景

近年のEdTechの進展の中、スプリックスでは以前より積極的に教育へのIT技術活用に関する投資を進めていた。

経済産業省の「未来の教室」実証事業にも2年連続で採択された、最新の教育IT(AI)技術を駆使した「eフォレスタ」を始め、教育ITを活用した自社サービスについて、実際に塾の現場や家庭においてフィールドテストを繰り返す中で、将来的な授業のオンライン化を見据えた、授業提供や学習効果に関する知見の蓄積を進めている。

そうした中、今回の新型コロナウイルスの感染拡大により「外出せずに自宅で学習したい」というニーズが急激に拡大したため、オンラインでの授業提供を開始すべきタイミングとの判断に至った。

スプリックスでは、今後、森塾の「オンライン個別指導」や、先行して実施中の自立学習REDの「在宅学習サービス」で培ったオンライン授業のノウハウを他の教育機関にも提供する形で、教育業界全体のオンライン化をさらに一歩先に進めていく方針。

森塾「オンライン個別指導」の概要

生徒が自宅にいながら、スマートフォンを介して「先生1人に生徒2人まで」の個別指導を提供するサービス。

授業のインプット部分(教科単元の内容を新たに説明する部分)にはオリジナル動画を活用し、生徒が個別に学習。

演習部分(説明を受けた内容に基づいて実際に問題を解く部分)では、日ごろ教室で担当している先生がWeb会議サービスを活用し、リアルタイムで個別に指導や質問対応を行う。

そのため、オンラインでありながら、教室での個別指導とほぼ同等な学習効果を得ることができる。

自立学習RED「在宅学習サービス」の概要(実施中)

生徒は、自立学習REDの教室の授業に来るかわりに、自宅から教育ITを活用し個別最適化された学習カリキュラムを提供する「eフォレスタ」にログインすることで授業を受けられる。

授業中の質問などの対応については、自立学習REDの各教室、またはスプリックスの本部に教務スタッフを確保し、遠隔で実施する。

eフォレスタについて

eフォレスタは、生徒一人一人に個別最適化された学習カリキュラムがタブレット上に自動生成される、最新の教育IT(AI)を駆使した学習システム。

経済産業省の「未来の教室」実証事業にも2年連続で採択され、学校教育にも活用され始めている。