金沢工業大学とNTT西日本グループ 、コーオプ教育によるデータサイエンティスト養成講座を開始

金沢工業大学(学長:大澤 敏)、西日本電信電話株式会社 金沢支店(支店長:小川 成子、以下、NTT西日本)、株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティング アクト 北陸支店(支店長:國本 裕久、以下、NTTマーケティングアクト)はデータサイエンティスト養成を目的とした産学協同教育(以下、コーオプ教育)実施に関する協定を2020年4月7日に締結したことを発表した。

データサイエンティスト:データを用いて価値を創出し、企業や社会の課題に答えを出す人材。

コーオプ教育(Cooperative Education、COOP教育):米国発祥の産学協同教育。詳細は以下の「別紙1 コーオプ教育について」を参照。

金沢工業大学とNTT西日本の協定概要

背景

金沢工業大学とNTT西日本は、昨年3月に「Society5.0社会に向けた次世代教育環境の構築に関する連携協定」を締結し、Society5.0社会をリードする人材育成について議論を進める中で、ビックデータを活用した新たなビジネス・イノベーションの創出ができる人材「データサイエンティスト」の育成が不可欠・急務と考え、両者が連携した「コーオプ教育」を実施することに合意。

この教育はWACEが進める世界標準「CWIE(Cooperative & Work-Integrated Education)」に準拠し、NTT西日本の技術者を「実務家教員」として実務経験に基づく講義を行うとともに、NTTマーケティングアクトが運営する「LINKSPARK Voice Of Customer Support Center」にて実際の業務に従事しながら、AI音声認識技術やデータ解析技術を活用した分析・コンサルティングビジネスを実践的に学べる教育を実施する。

WACE(世界産学連携協会):約1,000の教育機関、企業、団体からなる非営利組織で、教育機関と産業界が協働して行うCWIEの展開、拡大、ブランディングを行う唯一の国際機関。

なお、本取り組みは金沢工業大学初の取り組みとなる。

取り組み内容

主な取り組み内容は次のとおり。

  1. NTT西日本による寄附講座の実施(全8回 実施時期 2020年5月~7月)
  2. NTTマーケティングアクト「LINKSPARK Voice Of Customer Support Center」に学生の就業(約4ヶ月間 実施時期 2020年8月~11月)

今後の展開

  • 社会課題解決による地域の発展に向けた産学官の取り組みへの展開
  • データサイエンティストの育成に向けた共創ラボを設置し、さらに共創的プラットフォームへの発展をめざす